×
アニメ

【訃報】アニメーターの芦田豊雄さん死去、「魔神英雄伝ワタル」等で活躍


1960年代から活躍しているアニメーターで、2007年にはアニメーターの地位向上を目指してJAniCA(日本アニメーター・演出協会)設立の発起人ともなった芦田豊雄さんが亡くなりました。

これは芦田さんの会社、スタジオライブに所属するアニメーターの渡辺敦子さんによって明かされたもの。渡辺さんは東映アニメーション研究所にいたときに芦田さんに誘われてアニメーターになったという経歴の持ち主。現在放送中の「猫神やおよろず」ではキャラクターデザイン、総作画監督などを担当しています。

Twitter / @nabe_atsu_live: 解禁とのことですので。。。弊社会長芦田豊雄先生が、お亡くなりになりました。私にとっては恩師であり…ここまで私がやってこれたのも、先生がいたらです。。。



スタジオライブの代表である神志那弘志さんによると、亡くなったのは7月23日。本日葬儀が執り行われたとのこと。

Twitter / @hiroshikoujina: スタジオ・ライブ会長 芦田豊雄は、7月23日に永眠致しました。


芦田さんは1944年生まれ。1960年代にはアニメーターとして活躍しており、1968年の「サスケ」、1969年の「ムーミン」で作画監督を務めました。1983年の「銀河漂流バイファム」や1988年の「魔神英雄伝ワタル」などでのキャラクターデザインは特に有名です。また、1984年の「北斗の拳」や1985年の「吸血鬼ハンターD」では監督を、2003年の「成恵の世界」と2009年の「蒼天航路」では総監督を務めています。

芦田さんの自画像。


こちらの記事には芦田さんがかつて描いた「魔法のプリンセスミンキーモモ」のミンキーモモ、「銀河漂流バイファム」のロディの色紙が掲載されています。

有名マンガ家や人気声優の各種サインやポスターの飾られている「マチアソビ2 ポッポ街特設会場」 - GIGAZINE

芦田さんはただ単なるアニメーターではなく、アニメーター全体のことを考えていた人でもあり、2007年に日本アニメーター・演出協会(JAniCA)を設立してアニメーターと演出家の地位向上・技術継承に務めました。JAniCAが2008年に「文芸美術国民健康保険組合」に加入したことで、アニメーターが保険に入れるようになりました。

しかし、芦田さんはJAniCA代表理事を2010年に罷免されており、それにまつわる様々な問題がオープロダクションのサイトやブログにて扱われています。

芦田はどっちだ!: オープロダクション社長日記



DOniCA(JAniCA問題資料)

今年4月には「ベルサイユのばら」「あしたのジョー」の出﨑統監督が亡くなっており、アニメ業界の巨星がまた一つ消えてしまったという感じがします……。

・関連記事
有名マンガ家や人気声優の各種サインやポスターの飾られている「マチアソビ2 ポッポ街特設会場」 - GIGAZINE

独特の迫力で魅了する「金田パース」の開発者でアニメーターの金田伊功氏、心筋梗塞のため死去 - GIGAZINE

「パプリカ」「千年女優」などの作品を手がけたアニメ監督の今敏さん死去 - GIGAZINE

文化庁事業「若手アニメーター育成プロジェクト」作品、2011年3月から映画館で上映開始 - GIGAZINE

in アニメ,   メモ, Posted by logc_nt