ゲーム

カナダの医療チームが「Kinect」を外科手術の現場で採用、執刀医の作業負担を大幅に削減


カナダ・オンタリオ州の医療チームがXboxのモーションコントローラ「Kinect」を外科手術の現場で採用することによって、執刀医の作業負担を大幅に削減することができたそうです。

どのような感じで使っているのかというムービーなどは以下から。
Xbox useful to surgeons - Sunnybrook Hospital

YouTube - Xbox Kinect in the hospital operating room


これはトロント大学の研修医とサニーブルック・ヘルス・サイエンス・センターのがん外科医による医療技術グループによるもので、手術中の重症患者の画像視認技術として用いているとのこと。


そもそもガンなどの外科手術では、MRIやCRTスキャンの画像を視認するために、手術中に無菌領域を離れる必要があり、この問題を打開する為に医療チームは手術室のコンピュータにXboxを接続、Kinect経由によってハンズフリーの操作を行い、患者のスキャン画像を確認できるようにした、というわけです。


「私たちはソフトウェアとハードウェアをマイクロソフト社のKinectと連携するように組み合わせて開発しました。私たちのシステムはKinectから送信される3次元データを用いて執刀医を認識し、その身振りや姿勢をトレースします。このため、執刀医は何にも触れることなく無菌領域から出ることもなしに、コンピュータのプログラムを制御できるのです」とトロント大学の外科研修医マット・ストリックランド氏は語っています。


また、「画像誘導はがん手術において特に重要です。私たちは腫瘍をすべて摘出するために全力を注ぎたい。しかし同時に患者のよりよいQOL(生活の質)のために可能な限り健康な組織を温存したいとも考えています。この画像誘導はそんな執刀医にとってのGPSのようなものです。患者の体内のどこに何があるかという情報をくまなく正確に伝えてくれます。そして、Kinectと組み合わせたことで、執刀医は手をひとふりするだけでそうした画像をすべて直接コントロールし、正確な画像を思い通りに表示できるようになりました。しかも無菌領域からの操作が可能です。私にとって、これはまさに手術室の魔法です」とサニーブルック・オデット癌センターの胃腸癌チームの腫瘍外科医であり、肝臓・膵臓および胃腸の複合手術が専門のカルバン・ロー博士は語っています。


なお、システムを開発したストリックランド、トレメーン、ブリッグリーの3人はこの技術をあらゆるタイプの手術に対して横断的に活用する取り組みを続けるそうです。

・関連記事
Kinectでウルトラセブンに変身、アイスラッガーも見事に再現 - GIGAZINE

GoogleがエイプリルフールについたウソをKinectを使って実現してしまったムービー - GIGAZINE

Kinect連動でどこまでも追いかけてくる「サウロンの目」のムービー - GIGAZINE

家族で大ハッスル、体感ゲームをコントローラーなしで楽しめる「Kinect Sports」のデモムービー - GIGAZINE

まわって踊ってジャンプして、コントローラーを使わず全身でプレイするXbox 360「Kinect」実演ムービー - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse