Androidスマートフォンの出荷台数が886%に増加、iPhoneのシェアを上回る


1日あたりのアクティベート数が16万台に達していることが6月に明らかになるなど、急速に伸び続けているGoogleの携帯電話向けOS「Android」を採用したスマートフォンですが、出荷台数は前年比886%に増加したことが明らかになりました。また、アメリカではAndroidスマートフォンのシェアがiPhoneを上回る結果となっています。

ちなみに上記画像はiPhone 4キラーとされるAndroidスマートフォン「DROID X」です。

詳細は以下から。
Android smart phone shipments grow 886% year-on-year in Q2 2010 (Canalys press release: r2010081)

調査会社Canalysのプレスリリースによると、2010年第2四半期の全世界のスマートフォン市場は前年比64%の成長を遂げたそうです。

そして成長を続けるスマートフォン市場で最も存在感を放ったのがGoogleの携帯電話向けOS「Android」を採用したスマートフォンで、HTCやMotorola、Samsung、ソニー・エリクソン、LG電子などの強力なメーカーが同OSを採用したスマートフォンを発売したことにより、前年同期比で出荷台数は886%に伸びたのこと。

Android Soars, but iPhone Still Most Desired as Smartphones Grab 25% of U.S. Mobile Market | Nielsen Wire

また、調査会社Nielsenによると、今年に入ってからアメリカでのAndroidスマートフォンに対する需要は急速に伸び始め、2010年第2四半期にiPhoneを抜いたとされています。

これがそのグラフ。アメリカでトップシェアを誇るRIM社の「BlackBerry」のシェアがじわじわと低下しているのも興味深いです。ちなみに調査会社NPDは2010年第1四半期の時点でAndroidスマートフォンはiPhoneのシェアを上回っているとしていましたが、調査会社間で調査結果に若干の誤差があるようです。


なお、スマートフォンユーザーに対して行われた、次に使いたいプラットフォームに関する質問に対して、89%のiPhoneユーザーが「次もiPhoneを使いたい」と回答している反面、「次もAndroidを使いたい」と回答するAndroidユーザーは71%にとどまる結果となっていることを考えると、iPhoneの方がユーザー満足度が高いということなのでしょうか。

・関連記事
NTTドコモが発売予定のスマートフォン7機種、ワンセグ対応や廉価モデルなども登場へ - GIGAZINE

Appleに宣戦布告、iPhone 4に不満があるユーザーにAndroidスマートフォン「Galaxy S」を無料提供へ - GIGAZINE

AppleがiPad、iPhone 4に続いて「驚くべき新製品」を年内に投入へ - GIGAZINE

今後のAndroidスマートフォン展開は?どこかで見たような中国向けモデルを展示しているシャープに聞いてみた - GIGAZINE

京セラがCDMA2000対応Androidスマートフォン「ZIO」を発表、複数のコンセプトモデルも展示 - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log