トマトが苦手な人向けの味、「黒トマト」を買ってみました


ロシア原産の「黒トマト」というものが4つ298円で売っていたので、試しに買ってみました。名前は「黒トマト」なのですが、色は「ブラック」というわけではなく、なんというか熟していないトマトのような見かけ。実際にどのような味がするのか、おそるおそる食べてみました。

試食レビューは以下から。
これが黒トマト


普通のトマトと比べると大体こんな感じです


裏返してみたところ


とりあえず切ってみることに。


ざっくり


大丈夫なのかと言いたくなるようなすごい色


普通のトマトを暗黒面に落としたかのような雰囲気


ノーマルのトマトと比較


端っこだけを切り出すと、ピータンとかカラスミっぽい見た目に。


腐っているわけではなくて、隣の普通のトマトと色を比べるとわかりますが、もともとこういう色。実際に生で食べてみると、通常のトマトよりも酸味やトマト特有のニオイなどが激減、というかほとんど感じられないレベル。トマト好きな立場としては「なんだこの物足りないあっさりトマトは……?」という感じだったのですが、試しにトマトが苦手でむしろ嫌いな人に食べてもらったところ、「これはウマい!すごい!これなら食べられる!」と言いながらむしゃむしゃと食べる始末。トマトのあの独特の味が苦手な人には好評なようです。


ついでに焼いてみたところ。普通は焼くと味が濃厚になるわけですが、黒トマトは焼いても味がさっぱりとしており、トマトの旨味だけが残る感じ。もしこのままフランス料理か何かで出されたら「なんだこの高級食材は?」と勘違いしそうなほど独特の風味。これまたトマトを食べるのが苦手な人に食べてもらったところ、「もともと酸味が薄い感じだったのがさらに酸味が消えていく感じ」ということで絶賛。


というわけで、トマト嫌いな人にはどうやら最適、らしいです。

・関連記事
毎年恒例スペインのトマト祭りの様子 - GIGAZINE

イチゴの入ったトマト「ストロマト」が発見される - GIGAZINE

トマトを食べれば若さを保つことができる - GIGAZINE

飲むまで味を想像できない異色ドリンク、「ドリアンサイダー」「トマトサイダー」試飲レビュー - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by darkhorse