モバイル

1万円で買える超激安Androidタブレット「EKEN M001」が登場


AppleのiPadの登場を受けて、対抗製品を各社がリリースしようと準備する中、Googleの携帯電話向けOS「Android」を採用した、1万円で買えるという超激安Androidタブレット「EKEN M001」が登場しました。

また、実際に「EKEN M001」が動作しているムービーも公開されていますが、1万円で購入できるモデルであるにもかかわらず、なかなか健闘しています。

詳細は以下から。
Video: EKEN M001 Android tablet for USD100

この記事によると、中国の深センにあるEKENというメーカーがGoogleの携帯電話向けOS「Android」を採用した、100ドル(約9400円)で購入できるタブレット「EKEN M001」を発売したそうです。

「EKEN M001」は感度が良く、正確に操作できる7インチWVGA(800×480)タッチスクリーンと使い勝手の良いプリインストールアプリケーション、リーズナブルな価格を兼ね備えたモデルで、WonderMedia PRIZM MW8505(600MHz)プロセッサや無線LAN、32GBまでの容量に対応したSDHCカードスロット、2GBメモリを搭載。Androidのバージョンは1.6となっています。

実際に「EKEN M001」を動作させているムービーはこんな感じ。
YouTube - EKEN M001 7" Android Tablet


カタログ


これが「EKEN M001」です。


メニュー画面


背面下部にはスピーカーを搭載


底面にはSDHCカードスロットやオーディオ、マイクジャックなどがあります。


ブラウザ


SDHCカードなどにアクセスするメニュー画面


動画サイトへもアクセス可能。


ゲームもプレイ可能なほか、電子書籍にも対応しています。


リーズナブルな上にできることも多く、なかなか魅力的に見える「EKEN M001」ですが、唯一の弱点としてバッテリーがあまり持たないことが挙げられています。

・関連記事
iPad対抗の「EeePad」がまもなく登場へ、GoogleのAndroidを採用しFlashなどをサポート - GIGAZINE

圧倒的な安さを誇る7000円台のノートパソコンが登場、その名も「EasyPC」 - GIGAZINE

東芝のiPad対抗タブレット2機種、HD動画やFlash対応のデュアルコアCPUを搭載へ - GIGAZINE

Appleの第2世代「iPad」は高画質な有機ELディスプレイを採用か - GIGAZINE

ソニーのAndroidスマートフォン「Xperia(SO-01B)」の販売が好調、3週間連続1位に - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log