モバイル

HD動画やFLASHに対応した高性能で安価なタブレット「JOOJOO」が日本で発売開始


いよいよ5月28日にAppleのタブレット型端末「iPad」が発売されますが、一足先に「JOOJOO」という安価なタブレットパソコンが日本で発売開始されました。

低消費電力と高いグラフィック性能で知られるNVIDIAのIONプラットフォームを採用することでHD動画の再生に対応し、マルチタッチインターフェースや高解像度液晶を兼ね備えたモデルとなっているほか、さらにマルチタスクやiPadがサポートしていないAdobeのFLASH形式のコンテンツをサポートしています。

詳細や解説ムービーは以下から。
Fusion Garage社から送られてきたリリースによると、本日から日本向けにタブレットパソコン「JOOJOO」の発売が開始されるそうです。「JOOJOO」はWEBを頻繁に利用するユーザー向けに設計されたモデルで、わずか9秒で起動できるため、Wi-Fi接続が可能な場所であればどこでもほぼ瞬時にインターネットにアクセス可能とのこと。

これが「JOOJOO」です。価格は4万4999円。


気になるスペックですが、マルチタッチインターフェース対応の静電容量式12.1インチ高解像度(1366×768)液晶やIntelのAtomプロセッサ(1.6GHz)とNVIDIAのIONプラットフォーム、IEEE802.11 b/g/n対応の無線LAN、Bluetooth2.1+EDR、4GBのSSD、USBポート×1などを備えており、バッテリーで5時間駆動が可能。重さは1.1kgとなっています。

「JOOJOO」を縦にしたところ。なお、採用されているOSはブラウザベースの独自OSです。


「JOOJOO」の公式ページは以下から。

joojoo
https://thejoojoo.com/

・関連記事
iPadでも利用可能、NTTドコモが「モバイルWi-Fiルータ」を発売へ - GIGAZINE

iPadまで使えるNTTドコモの切り札、「モバイルWi-Fiルータ」フォトレビュー - GIGAZINE

NTTドコモのMicroSIMカードを自作してiPadを利用した猛者が現れる - GIGAZINE

Intel、高性能なスマートフォンやタブレットPCを実現するAtomプロセッサ「Z6xxシリーズ」を発表 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log