Twitterでフォローを外されたり、mixiでマイミクを拒否られるタイプ8種類、あなたは大丈夫?


Twitterやmixiなどは人間が社会的動物である側面をうまく利用しており、コミュニケーションを活性化させることでうまい具合にさまざまなメリットを引き出しているわけですが、当然ながら誰もがみんなと仲良く友達になれるわけではありません。中には嫌われてしまい、Twitterならフォローを外されて「アンフォロー」されたり、mixiなら友達から外されてマイミクを拒否られたりるするケースもあります。

一体何が原因なのでしょうか?詳細は以下から。
The Eight Types of People to Unfollow on Twitter or Defriend on Facebook - Facebook - Gawker

◆タイプその1「コミュニケーション中毒者」


英語だと「Overuser」、濫用者という意味になります。要するにオンラインゲームで言うところの「あいつずっとログインしていつでもいるな」という状態。パソコンの前、携帯電話、iPhoneなどを駆使して一日中、ありとあらゆることをTwitterでつぶやきまくり、mixiの日記を更新しまくり、他の人から見ればどうでもいいことを延々とさえずっているだけにしか見えず、何の価値も無いどころかむしろ鬱陶しいと思われ、アンフォローされ、マイミクから外され、孤立していく……というわけです。

◆タイプその2「実況中毒者」


英語だと「Oversharer」、共有しすぎという意味です。自分の人生のすべてをみんなと共有して分かち合いたいと願っているような行動をしている人で、何もかもがダダ漏れ状態となっており、それも度を超えているケースです。日々の解決不能な「どーしろっていうんだよ!」というような個人的悩みであるとか、今からトイレに行ってお花を摘んでくるなう!であるとか、ついに今日童貞を捨ててきたヒャッハーであるとか、個人的な誰も解決できそうにない悩み・生理現象・性的な行動や衝動までをも実況中継するという場合です。必要なのは友達ではなくカウンセラーであることも多く、見ているだけでイライラしてくる割に絡みまくってくるので、アンフォローされ、マイミクから外され、孤立していく……というわけです。

◆タイプその3「布教しまくる狂信者」


英語では「Proselytizer」、改宗者という意味。政治闘争、環境破壊、同性愛問題、宗教問題などに多大なる関心を示し、ことあるごとに相手の現在の考えを非難して「その考えは間違っている!○○をすべきだ!」というようなことを所構わずわめきちらし、「今の政府はもうダメだ!今度の選挙は○○党に投票して今こそチェンジだ!」とか、「石油燃料を使うなんてエコロジーに反してる!かけがえのない地球環境を守るためにももっとエコなことをしましょう!」とか、「○○の教えはすばらしいです、今度一緒に集会に行きませんか?」などなどといったようなことをしているケースです。それらの問題に対して興味がないのに、執拗かつ一方的に自己主張を繰り返し、さらに自分の考えに賛同しないと「あなたはわかっていない!不勉強だ!猛省せよ!」という感じで考えを改めさせようとほぼ洗脳に等しい勢いで迫ってくるため、限りなくうざったく、アンフォローされ、マイミクから外されていく……というわけです。

◆タイプその4「内輪話ばかりする人」


英語では「In-Joker」、おどけ者という意味です。例えばあなたが誰か友達の学校の同窓会に行ったとして、そこで話されるかつての学校に在籍していた人だけがわかるネタを散々話されてみんなが盛り上がりまくっていても、あなたはそんなことは知らないので、つまらないですし、くだらないと感じるはずで、興味はゼロになるどころか、むしろ不快な気分になるはずです。それと同じようなことをオンライン上で実践している人が確かに多数存在しており、ある一定の友達関係の間柄でしかわからないことをピーチクパーチクとさえずってはクスクスと笑って、内輪受けすることを至上目的としているような発言を繰り返しまくっている場合、当然ながらその内輪ネタの意味がわからない人から見ればノイズ以下の存在になってしまい、アンフォローされ、マイミクから外されやすい……というわけです。

◆タイプその5「コピペだけの人」


英語では「Replyer」、意味のない返信ばかりする人という意味。Twitterで「@」や「RT」だらけの人で、誰か他の人の発言を全部コピペしてそれを垂れ流すだけ、自分の感想やコメントといったものは一切無く、自分自身の意見を表明することはありません。日記なども基本的にはどこかの何かを全コピペして丸コピーしたものがすべてであり、それ以上の何もありません。「お前はニュースのボットか?」と問いたくなります。Twitterやmixiではその人自身から発されるオリジナルの言葉こそがコミュニケーションを面白くする要素であり、同時に良質のコンテンツであるため、それらを一切放棄しているように見える場合、一緒にいる意味がまるでないため、アンフォローされ、マイミクから外される……というわけです。

◆タイプその6「情報弱者」


英語では「Meme Lover」、ミーム愛好者という意味です。これらの人々はチェーンメールを転送したり、すぐに流行に流され、あからさまに広めることを意識しているクチコミを装った広告に踊らされて伝道しまくり、誰の役にも立たないどころかむしろ混乱をもたらす情報であればあるほど喜び勇んでその片棒を担いで既出情報を垂れ流してしまうというケースです。テレビ・雑誌・新聞などのマスメディア経由で納豆やバナナが健康によいと知るやいなやスーパーへ買いに出かけたり、スイーツが大好きだったり、いわゆる「情報弱者」、略して「情弱(じょうじゃく)」という種類の人であるため、Twitterなどの先進的なツールを利用する人からはお門違いということで嫌われ、結果的にアンフォローされ、マイミクから外されていく……というわけです。

◆タイプその7「釣り人」


英語では「Fisher」、釣り人です。何か大きな価値ある事件や出来事が起きて、それを他の人に「こんなことがあるんだって!」といって情報を伝えるわけではなく、そういったことが起きるのが待ちきれず、あるいは単純に自己顕示欲が強すぎるためにかまってほしくて、いかにもそれっぽいデマを垂れ流すというケースです。はてなキーワードの「釣り」の説明を読んでみましょう。

特定の言葉や行為に対し過敏な人々に向かって誘い水を出し、それらの人々が過剰に反応する様を楽しむことを目的とした愉快犯・確信犯的な行為を示す。

ウェブ上における意味での、この言葉の使用頻度が最も高いと思われる「2ちゃんねる」での例を挙げると、ある作品・著名人・芸能人などの熱狂的なファンが集まるスレッドで、さも信憑性の高そうな嘘の情報を流したり、あえてファンの間では極常識的な話題を今初めて知ったかのような喜びを交えながら書き込んで、周りのファンからの突っ込みを期待するなどの、周りの反応を楽しむ行為や((この場合、嘘だとばれそうになったり、逆に集中的に叩かれると、釣りを行った本人からは「釣れた釣れた」というフレーズが書き込まれるが、それは大概負け惜しみである。

当たり前ですが、上手な釣りならむしろ「釣り師」として尊敬を集めますが、ほとんどのケースは対して計画性もなく、くだらなく、つまらない低レベルな釣りであるため、場がしらけるだけでなくむしろ不愉快であり、こういった低質の釣りをいつも行っていると嫌われてしまい、当然の帰結としてアンフォローされ、マイミクから外されていく……というわけです。なお、2ちゃんねるのAAの「釣り」を見るともっと直感的に理解できます。

◆タイプその8「いなくてもどうでもいい人」


英語では「Nobody」、誰でもない人という意味になります。Twitterではあっというまにフォローしている人リスト・フォローされている人リストがいっぱいになり、mixiも同様にしてマイミクだらけになります。それだけならまだよいのですが、実際には何の面識もないし興味がないにもかかわらず、「同じ学校だったから」「友達の友達だから」というような疎遠なつながり、むしろ永遠に会話などすることはないであろう間柄であるにもかかわらず、ネット上ではなぜかフォロワーだったりマイミクだったりするわけです。こうなってくるとあなたが相手に興味がないのと同じく、相手もあなたに興味がないため、いなくてもどうでもいいのでアンフォローされ、マイミクから外されていく……というわけです。

要するに「真の友達」でもないのに無理してコミュニケーションしていると、ネット上でのコミュニケーションに疲れてしまうので、お互いにとってよくない結果を招く、ということです。

・関連記事
自分の「非コミュ」度をチェックできる「非コミュ指数テスト」 - GIGAZINE

アジア人が人の表情を読むのが苦手な理由が明らかに - GIGAZINE

春は出会いと別れの季節、「友達が減る理由ランキング」が公開される - GIGAZINE

モテない人間同士が集まって傷を舐めあう究極のSNS「非モテSNS」が登場、運営は「えがちゃん」 - GIGAZINE

ネットコミュニティが崩壊するとき - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse