シャトル打ち上げに使用した固体ロケットブースターが落下してくるまでのスペクタクルムービー


スペースシャトルの打ち上げというと、思い浮かぶイメージは地上から白煙を引いて飛んでゆくシャトルの姿だと思いますが、その後打ち上げに使われた固体ロケットブースターは切り離され、海へと落下してきます。その様子が取り付けられていたカメラによって撮影されていて、着水の瞬間などの光景が見られるようになっています。

詳細は以下から。
最初は打ち上げのシーンが写っています。
YouTube - Blast into Space, Spectacular Fall to Earth



2分26秒すぎのところでスペースシャトルからロケットブースターが切り離されます。このあと、シャトル本体は外部燃料タンクを使って高度約150kmまで上昇し、そこで外部燃料タンクも切り離します。ロケットブースターはこのあと再利用されますが、外部燃料タンクは大気圏再突入でほとんどが燃え尽きてしまうそうです。


高々度から見た地球。


3分40秒辺りから降下シーンの再生が始まります。


近づいてくる水面。


そして豪快な音と水しぶきを上げて着水。


青い空と水平線、パラシュートが見えます。


追記:「スペースシャトルの落下」ではなくスペースシャトルの「固体ロケットブースターの落下」だったので、その旨修正しました。

・関連記事
趣味で作ったアマチュア世界最大のモデルロケット、打ち上げ・回収に成功 - GIGAZINE

宇宙に向かって飛び立つロケットの軌跡をとらえた美麗写真 - GIGAZINE

アルプス山脈の空を自由自在に飛び回るロケットマン - GIGAZINE

衛星軌道上から見たド迫力のハリケーンの写真いろいろ - GIGAZINE

国際宇宙ステーションでも食べられているらしい宇宙日本食ようかん「YOHKAN」試食レビュー - GIGAZINE

カメラを乗せた風船を飛ばしたら成層圏まで行ってきた - GIGAZINE

0

in 動画, Posted by darkhorse_log