人類は2012年に滅亡する……映画「2012」予告編ムービー公開


古代マヤ文明のカレンダーは2012年12月23日で止まっており、この日が人類最後の日である、という話がまことしやかに語られています。

このエピソードを元にした映画が「2012」、監督は「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」で有名なローランド・エメリッヒ監督。今までもこの手の映画を得意としているだけあって、かなり迫力ある予告編に仕上がっています。

予告編の再生と気になるストーリーは以下から。
2012 trailers and video clips on Yahoo! Movies

YouTube - 2012 (2009) HD Trailer


日本での公開は現時点では2009年8月1日となっています。

ストーリーは以下のような感じ。

「インデペンデンス・デイ」の監督最新作、パニック大作「2012」来年公開 -映画といえばハリウッドチャンネル-

 2009年、トップクラスの科学者のチームは、地球が間もなく滅亡に向かっているという事実をつかんでいた……。2012年までにできるだけ多くの人類を救出するようにと世界各国のリーダーからの要請を受けていたが、人類すべてが滅亡への一途を辿る運命にあるのは明白な事実だった。

 そんな中、リムジン運転手として生計を立てながら小説家を目指すジャクソン・カーティスは、子供2人と旅行中、偶然干し上がった湖底に建てられた巨大なリサーチ施設を発見する。そして政府が隠蔽している地球滅亡の真実を知ってしまう。ジャクソンは自分の家族、自分自身の身を守る為に必死で生き残る術を模索しはじめるが、大地震、火山の噴火、津波など次々と恐ろしい天災が地球を襲ってくる……。

実際には他にも、台風や氷河なども描かれるらしい。予告編の最後には「Googleで2012を検索しろ」と書いてあり、実際に検索するといろいろな情報が出てきます。

ちなみにこの予告編のBGMは「シャイニング」のものだそうです。

・関連記事
「2012」最新HD予告編公開開始、すごい大破壊と大滅亡が細かいところまで異様なほど作り込まれているのがよくわかる - GIGAZINE

世界が2012年に終わる黙示録的予言を描いたSF超大作「2012」の本編映像5分間バージョン公開中 - GIGAZINE

これが世界の終わりだ、全世界が崩壊する終末を映像化した「2012」高画質予告編登場 - GIGAZINE

人類は7万年前に絶滅寸前、全世界でわずか2000人 - GIGAZINE

火山噴火で起こった終末のような光景が撮影される - GIGAZINE

人類滅亡後の地球はどうなるのかを描いた「Life After People」 - GIGAZINE

「人類はもう進化しない」と科学者が言及 - GIGAZINE

かつては味方だったはずの仮面ライダーと人類との戦い「Hybrid Insector」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse