メモ

パソコンショップの九十九電機が民事再生法を申請し受理される


秋葉原に本拠地を置き、札幌、名古屋、大阪でチェーン展開していたパソコンショップの九十九電機が民事再生法を申請し、受理されたそうです。

負債総額は約110億円に上るとのこと。

詳細は以下から。
4Gamer.net ― 九十九電機,民事再生手続きを申し立て。事実上の破綻か

4Gamerによると、九十九電機株式会社が本日10:00に東京地方裁判所に対して民事再生手続き開始決定の申し立てを行い、受理されたそうです。2008年8月末日時点で負債総額は約110億円になるとのこと。


バブル期の不動産取得や業務拡大に伴う多額の借り入れが最大の原因となるそうです。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB] 秋葉原の有名パソコンショップ 九十九電機株式会社 民事再生法の適用を申請 負債110億円

帝国データバンクによると、増収増益予想を立てていた2008年8月期決算が伸びず、一部取引先に対する支払遅延も発生していたとのこと。

現在注文中の商品や長期保障に関してどうなるのかは不明ですが、他のパソコンショップによる吸収合併などはあるのでしょうか。

・関連記事
家電量販店の延長保証、一番良いのはどこなのかを比べてみた - GIGAZINE

ジェットコースター事故のエキスポランド、民事再生法申請へ - GIGAZINE

価格.comの最安値常連だった「PCサクセス(PC-SUCCESS)」がついに倒産 - GIGAZINE

家電量販店の「ややこしいチラシ」が無くなります - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log