慢性的な疲労を感じている時にはどうすればいいのか


日常生活を送る中で、どうしても避けることができない「疲労」ですが、なかなか疲れが取れない慢性的な疲労を放置しておくと、肉体的にも精神的にもさまざまな問題が生じるようです。

では慢性的な疲労を感じている場合、いったいどうすればいいのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Can you suffer from chronic tiredness? | Medical Hand

この記事によると、慢性的な疲労は体の反応を鈍らせ、体を動かすのに通常よりも多くの労力を必要とさせるほか、眠気を催すそうです。そして無感動や神経過敏、短気を引き起こすほか、インフルエンザや風邪、内分泌系の肉体的な疾患や、うつなどの精神的な疾患に影響を及ぼすとのこと。

ちなみに慢性的な疲労の特徴として、疲労が長期休暇を経た後でも続いたり、寝ても疲れが取れない、特に理由もなく好調になったり不調になったりするほか、低血圧が続くといった症状が挙げられます。

そして慢性的な疲労を取りのぞく有効策は以下の通り。

・生活リズムを整える
就寝時間や生活習慣、仕事、最愛の人と過ごす時間などの生活リズムを整え、体をリラックスさせられるようにする

・刺激物を回避する
アルコールやコーヒー、チョコレートといった刺激物を避ける

・家族に手伝ってもらう
上記のような対策を実践するためには、家族の理解とサポートがとても重要である

基本的なことばかりしか挙げられていないように思えますが、その基本的なことを実践することが、疲労を取りのぞく一番の近道であるようです。慢性的な疲労に悩んでいる人は、もう一度自分の生活スタイルを見直してみるといいかもしれません。

・関連記事
なかなか眠れない人のための簡単に眠る10の方法 - GIGAZINE

蒸しタオルを使うと酷使した目の疲れが取れる - GIGAZINE

「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」は思わず爆睡するほど気持ちいい - GIGAZINE

パソコン利用時の疲れ目は目元のクマを悪化させる - GIGAZINE

人間工学デザインのマウスを使うと肩こりや腕の疲れがマシになる - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log