レビュー

WindowsからExt2/Ext3のファイルを読み取る「DiskInternals Linux Reader」


Windows95/98/Me/NT/2000/XP/2003 Server/Vistaで動作し、Linuxで一般的に使われているExt2/Ext3でフォーマットされたパーティションからファイルを救出できるという非常に便利なフリーソフトです。

用途としては、既存のNAS製品(LAN経由で利用する外付け共有ハードディスクドライブ)において、Linuxをベースとしている場合、起動できなくなったりしてもこのソフトを使うことで無理矢理、ファイルを救出することができる場合があります。いざというときに使えるというわけ。

ダウンロードは以下から。
Access to Ext2/Ext3 from Windows XP
http://www.diskinternals.com/linux-reader/

上記ページの下部にある「Try it Free!」をクリックすればダウンロードできます。

インストーラをクリックして起動したら、「Next」をクリック


「I Agree」をクリック


「Next」をクリック


「Install」をクリック


「Finish」をクリック


起動するとこんな感じになる。自動的にLinuxのドライブなどもスキャンされる。また、手動で指定することも可能。


「View」からはいろいろと選択でき、「Folder Tree」を選べば、フォルダツリー表示が可能になる


Windowsのエクスプローラみたいになって操作しやすい


また、検索も可能なので欲しいファイルだけ優先的に救出するといったことも可能です

・関連記事
起動しなくなったXPを救う「Rebuild」コマンド - GIGAZINE

オープンソースで無料のファイル復元ソフト「PhotoRec」 - GIGAZINE

失われたデータを復元するための便利なフリーソフトあれこれ - GIGAZINE

CRCエラーでも無理矢理コピーするフリーソフト「CD Recover」 - GIGAZINE

使用不能になったハードディスクを復活させる「HDD Regenerator」 - GIGAZINE

右クリックからファイルを復元不能な状態で削除する「DeleteOnClick」 - GIGAZINE

Windowsのフリーズ状態を緊急解除できるフリーソフト「AntiFreeze」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse