Windows XPの起動画面に表示されないユーザーを作る「XP User Hide」


Windows XPを起動すると通常はログインできるユーザーの一覧が表示されますが、そこに非表示のユーザーを作ることができるというものです。レジストリを変更することで可能になるのですが、この「XP User Hide」を使うことで簡単に非表示ユーザーを作ることができます。管理アカウントなどを一般ユーザーからは非表示にするなどの使い方が可能です。

ダウンロードと使い方は以下の通り。
IntelliAdmin.com: Hide user accounts from the Windows XP Welcome screen

上記サイトにある「Just download it from here」からダウンロード可能です。

ダウンロードしたらクリックして起動


ユーザーを非表示にした場合、その非表示ユーザーでログインするにはどうすればいいのかが書いてあります。XP Proの場合は「Ctrl+Alt+Del」キーで選択可能で、XP Homeの場合はセーフモードで起動すると選択可能になるよ、と書いてあります。


チェックが入っているのが非表示になったユーザーです。チェックを入れて「OK」をクリックするだけで非表示にできます。チェックを外せば再表示されます。


なお、同様のことは「Microsoft PowerToys for Windows XP」でも可能なようです。

・関連記事
USBメモリを使えなくするフリーソフト「Disable USB Drives」 - GIGAZINE

リモートデスクトップをリモートからオンオフする「Remote Desktop Enabler」 - GIGAZINE

Windowsの終了やログオフを高速化する「User Profile Hive Cleanup Service」 - GIGAZINE

0

in レビュー,  ソフトウェア, Posted by darkhorse_log