レビュー

画像生成AI「Stable Diffusion」をGoogle Colaboratoryで動かして画像の保存先をGoogleドライブにする方法


2022年8月23日に一般向けで公開された画像生成AI「Stable Diffusion」は、入力した文字列に沿ってまるで人が描いた絵や写真のような画像を生成してくれます。実際に使うとなるとNVIDIA製GPUを搭載したマシンが必要で、導入にもある程度の知識が求められますが、Googleが提供しているPython実行環境「Google Colaboratory」を使えば、低スペックのノートPCでも無料でStable Diffusionで動かすことが可能。しかし、無料版では一定時間でランタイムの切断が行われるのですが、Google Colaboratory上で生成された画像はあくまで一時的なものなので、ローカルに保存していなければ生成した画像が消えてしまいます。そこで、Google ColaboratoryにGoogleドライブをマウントし、画像の出力先をGoogleドライブのフォルダに指定することで、画像を自動でGoogleドライブに保存するようにしてみました。

Stable Diffusion with 🧨 Diffusers
https://huggingface.co/blog/stable_diffusion

Google ColaboratoryでStable Diffusionを動かす手順については、以下の記事で詳しくまとめられています。


画像生成AI「Stable Diffusion」を低スペックPCでも無料かつ待ち時間なしで使う方法まとめ - GIGAZINE


まずは上記の記事を見て、「pipe.to("cuda")」を入力してStable Diffusionの準備が整うところまで進めます。


次にGoogleドライブのマウントを行います。左側にあるフォルダアイコンをクリックし、Googleドライブのアイコンをクリック。


Googleドライブをマウントするコマンドが自動で入力されるので、再生アイコンをクリックして実行します。


このノートブックにGoogleドライブのファイルへのアクセスを許可するかどうかを尋ねられるので、「Googleドライブに接続」をクリック。


ログイン画面がポップアップするので、アカウントを選択。


Googleドライブのアカウントへのアクセスがリクエストされるので、「許可」をクリックします。


すると、Google Colaboratoryのノートブックで、左カラムにあるファイル欄に「drive/MyDrive」が表示されています。


今回はStable Diffusionで生成した画像を保存するためのフォルダとして、「AI Image」というフォルダをGoogleドライブに作成しました。


今度は出力先に、作成した「AI Image」を指定します。コマンドは以下の通り。

import os
os.chdir('/content/drive/MyDrive/AI Image')

ノートブックにコマンドを入力して、再生アイコンをクリック。これで準備はOK。


あとは文字列を入力して、画像を生成します。今回の文字列は「cat eat ramen midnight at stall, in Renoir style, perfect lighting」で、「cat.png」として出力します。


出力が終わった後にGoogleドライブの「AI Image」を見てみると、出力された「cat.png」が保存されていました。


なお、出力された画像が以下。猫がラーメンを食べているところをルノワール風に描いてもらいました。猫は割といい感じに描けていますが、猫がラーメンを食べる側であるはずがなぜかラーメンの具になって食べられる側になっており、やや猟奇的な結果となりました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
画像生成AI「Stable Diffusion」を低スペックPCでも無料かつ待ち時間なしで使う方法まとめ - GIGAZINE

キーワードに沿ってまるで人間が描いたような絵や写真を生み出すAI「Stable Diffusion」が一般公開されたので使ってみた - GIGAZINE

ヌード画像をカスタムAIアルゴリズムで自動生成する「pornpen.ai」 - GIGAZINE

文字列から画像を生成するAI「DALL・E 2」でイメージ通りの画像を生成するまで試行錯誤してみた記録 - GIGAZINE

文章から高クオリティな画像を生成できるAI「DALL・E 2」を使ってTwitterのプロフィールから絵を生成してみるとこんな感じ - GIGAZINE

まるで人間のアーティストが描いたような画像を生成するAIが「アーティストの権利を侵害している」と批判される - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス,   アート, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.