メモ

1日で35億分の1の価格に大暴落した暗号資産「TITAN」では一体何が起きているのか?


暗号資産の「TITAN」の価格が1日で35億分の1まで大暴落する事態が発生しました。運営チームは取引の停止を呼びかけ、大暴落の原因究明に取り組んでいます。

The Meltdown of IRON. How Polygon’s first billion-dollar… | by Irony Holder | Jun, 2021 | Medium
https://irony-97882.medium.com/the-melting-of-iron-89469b01e083

Iron Finance Denies Rug Pull After Token Collapse | Crypto Briefing
https://cryptobriefing.com/iron-finance-denies-rug-pull-after-token-collapse/

今回大暴落したTITANは、暗号資産「IRON」の価値を担保するためのトークンです。IRONの公式ドキュメントには「無担保の暗号資産では、価格が暴落した時に精算できない」と記載されており、IRONは自身の価値を担保するために、IRONをステーブルコインの「USD Coin(USDC)」と、独自のトークンであるTITANを組み合わせて償還できる仕組みを導入し、「1IRONにつき75セントのUSDCと25セントのTITAN」と償還できるようにしていました。

このIRONをUSDC&TITANと償還可能な仕組みについては、IRONの価値が1ドルを下回った際に破綻する可能性が指摘されていました。


TITANは、2021年6月16日午後10時ごろから価格が急激に落ち始め、一夜明けた2021年6月17日午前10時には価格が0ドルに到達しました。


また、CoinGeckoTITANのチャートを確認すると、2021年6月16日午後2時ごろに過去最高額の64.04ドルを記録した後、2021年6月18日午前2時ごろには、0.000000018083ドルと、35億分の1の価格まで大暴落していることが分かります。


上述の通り、IRONでは価格が大暴落しても「1IRONにつき75セントのUSDCと25セントのTITAN」に償還可能な仕組みになっています。しかし、あるIRON取引者によると、IRONの償還部分を担うコードは「require(_share_price > 0, “Invalid share price”);」となっているとのこと。この中の「_share_price」にはTITANの価格が代入されますが、TITANの価格が0ドルになったことや「0以上」ではなく「大なり0」という比較演算子が用いられていることが重なり、償還処理が動かないという事態に陥りました。


この事態に対して、IRONの運営チームは「TITANの価格が0にまで下がったため、償還は不可能です。再び償還可能になるまで12時間待つ必要があります」とコメントしています。


また、運営チームは公式サイトで「TITANとIRONの取引を行わないでください。私たちは、ハッキング攻撃を受けたわけでも、持ち逃げしたわけでもありません」と表明し、今回の大暴落に関する分析結果の公表を約束しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ビットコインの価格がさらに下落、中国の取り締まり強化が原因か - GIGAZINE

株式市場の取り引きが強制中断される「サーキットブレーカー」とは一体何なのか? - GIGAZINE

暗号資産取引所のCEOが暗号資産の取り締まりを警戒、アメリカは「近視眼的」との発言も - GIGAZINE

「無許可マイニングは電気窃盗行為として司法機関に移送」などの措置の草案を内モンゴル自治区が発表 - GIGAZINE

2021年1月~3月に販売されたGPUの25%がマイニング用途で購入されたという予測 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.