ネットサービス

裁判所が「Wikipediaの記事が中傷的だ」として記事内容に加え編集履歴まで削除させる

by Noj Han

2019年4月11日、インターネット百科事典のWikipediaを運営するウィキメディア財団が、「ドイツの裁判所が『ある大学教授のWikipediaの記述が中傷的だ』として、記事内容に加えて編集履歴も削除するべきだと判決した」と発表しました。この判決を受け、ウィキメディア財団は本来であれば記述が削除されても残されるはずの編集履歴まで、ページから削除する苦渋の決断を下したと述べています。

A German court forced us to remove part of a Wikipedia article’s ‘history.’ Here’s what that means. – Wikimedia Foundation
https://wikimediafoundation.org/2019/04/11/a-german-court-forced-us-to-remove-part-of-a-wikipedia-articles-history-heres-what-that-means/

Wikipediaでは多くの編集者らによって記事の内容が編集されており、誰かが間違いに気づいたり新たに記述するべき内容が増えた場合は記事内容を編集し、その変更内容が「履歴」として保存されます。Wikipediaの画面右上にある「履歴表示」をクリックすると……


記事内容の編集履歴を確認することが可能。これにより、過去にどのような編集が行われてきたのか、これから記述しようとした内容が過去に何らかの理由で削除された記述ではないかといったことをチェックすることができます。記事によっては、2001年にまで編集履歴をさかのぼることもできるとのこと。


2018年の半ばにドイツの大学教授が「Wikipediaの記事内容が中傷的だ」という訴えを起こし、ドイツの裁判所は大学教授の主張を認め、内容が中傷的で正しくないものだという判決を下しました。この判決には、情報源がオフラインのものであったという点も重視されたとウィキメディア財団は考えています。裁判所はウィキメディア財団が記事の中傷的な記述を削除し、さらに記事の編集履歴まで削除するようにと判決したそうです。

Wikipediaは多くの編集者によって絶えず更新され続けている大規模なプロジェクトであり、記事の履歴は多くの読者や編集者、さらには裁判所にとっても、記事がどのように編集されてきたのかを確かめるための便利なツールだとウィキメディア財団は主張。記事の履歴を削除することによって、新たな編集者が「この項目にはあの記述が加えられていない」と考え、削除された記述を未知の情報だと信じて再び書き込んでしまう可能性もあるとしています。


これらのウィキメディア財団の主張にもかかわらず、ドイツの裁判所はウィキメディア財団は中傷的な記述に対処する責任があり、記事内の記述及び編集履歴を削除するようにと命じました。訴訟手続きまでの期限がわずか1日と非常に短かったため、編集者コミュニティ内での十分な議論を行うこともできず、残念ながらウィキメディア財団は編集履歴を削除したと述べています。

なお、今回の訴えを起こした大学教授はハイデルベルク生まれのコンピューターサイエンス教授であるAlex Waibel氏であるとされており、Wikipediaの記事には「2018年10月、Waibel博士はウィキメディア財団に対するドイツの名誉毀損法を用いた法的訴訟に勝利した」と記されています。


今回の結果はウィキメディア財団にとって残念なものだったとしつつも、Wikipediaの編集者らに対しては特に影響が及ぶものではないとしています。記事内容の責任はあくまでも運営者であるウィキメディア財団が負うものであり、編集者らによる記事の更新や追加はこれから先も延々と続けられるだろうとウィキメディア財団は述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
イタリア語版WikipediaがEUの改正著作権指令に抗議して閉鎖 - GIGAZINE

Wikipediaで自分の記事を削除された人が実体験をもとに語る「削除されないようにするための有効な方法」 - GIGAZINE

Wikipediaはいかに改竄・ねつ造など荒らし行為を駆逐し続けてきたのか? - GIGAZINE

Wikipediaの規約が更新されステマを明確に禁止する条項が新たに追加 - GIGAZINE

Wikipediaを悩ませる「なりすまし投稿」とその黒幕ステマ会社「Wiki-PR」社とは? - GIGAZINE

「2万8000円でWikipediaに記事を作ります」という宣伝業者が登場、Wikipediaの信頼を揺るがす大問題に - GIGAZINE

Wikipedia、イスラム教徒18万人からのムハンマド画像削除依頼を猛烈拒絶中 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   ネットサービス, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.