Twitterがバグでメールアドレスや電話番号が流出した一件について謝罪

By Celtikipooh

Twitterが公式ブログで、ユーザーの登録しているメールアドレスや電話番号が流出した可能性について、正式に謝罪しました。なお、バグ自体はすでに解決済みだとのことです。

Fixing a recent password recovery issue | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/2016/fixing-a-recent-password-recovery-issue

Twitterによると、バグはパスワードリカバリーシステムに生じたもので、先週の時点で発見後24時間以内に修復したとのこと。しかし、このバグによって、アカウントのパスワードは流出しなかったものの、ごく少数のユーザーのメールアドレスと電話番号が流出した可能性を否定できないとしています。なお、「ごく少数」としていますが、Twitterによるとアクティブユーザー数で1万人未満という補足が付けられています。

Twitterは今回のバグによるユーザーの個人情報流出の可能性があったことを深刻に受け止めており、謝罪しています。すでにバグは修復済みですが、個人情報が流出した可能性のあるユーザーに対しては通知済みで、通知が届いていないユーザーは情報流出の可能性はないとのことです。

By Esther Vargas

・関連記事
Twitterの大量流出したパスワードに自分のものが含まれているかどうか一発でわかる「WIWA TWIPASS」 - GIGAZINE

Twitterユーザー約25万人分のパスワード流出の危険あり、該当ユーザーは強制的にパスワードリセット済み - GIGAZINE

TwitterのDMに動画送信機能が追加&GIF画像付きツイートも可能に - GIGAZINE

希少価値の高いTwitterアカウントを持つユーザーが体験した恐ろしい出来事 - GIGAZINE

140文字から1万文字へ、Twitterがツイートの文字数制限を拡張する可能性 - GIGAZINE

Twitterが従業員336人を解雇する大規模なリストラ計画を発表 - GIGAZINE

239

in モバイル,   ネットサービス,   セキュリティ, Posted by logv_to