ムービー

ムンクの名画「叫び」をアニメ化して音楽をつけたらこうなった


ノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンクが描いた絵画「叫び」は誰もが1度は目にしたことがあるほどよく知られた名画です。ゆがんだ空間や独特の色彩が特徴的な作品ですが、この「叫び」をCGによってアニメ化した作品「The Scream」が公開されています。

The Scream - ShortAnimation Movie on Vimeo


2名の男性が橋を渡るシーンからムービーはスタートします。「死ぬのは怖くないか?」「いや、怖くない」と交わされる2人の会話。


「本当かね?」「私はいつも、そのことを、気にしないようにしている」そう語る左の男性には、なにやら影のようなものがまとわりついています。


「僕は怖いよ?死を恐れない人なんて、いるのかね?」「なぜ私が、死を恐れなければ、ならないんだ?」と語る2人。背景の色彩まで全てがアニメ化され、「叫び」の世界観が見事に再現されている点に注目です。


杖をついた男性が通りすぎようとすると、橋の反対側から「あの人物」が姿を現し……


「叫び」の始まりです。


表情豊かに踊りを舞う「叫び」の人物。BGMにはイギリスのプログレッシブ・ロックバンド「ピンク・フロイド」が1973年に発表した名曲「虚空のスキャット」が使われているのですが、これほど「叫び」にマッチしたBGMは他に思い浮かびません。


およそ1分にわたって叫びを踊りで表現。実際のダンサーが踊った動きをモーションキャプチャしてCGアニメで再現したようです。


そして後半、エンディングに近づき……


「叫び」のポーズが再現されました。本物の作品とは少しテイストが違うようですが、再現度はかなりのもの。


この映像を作成したのは、ルーマニア・ブカレストで数々の映像作品を送り出している映像スタジオ「Safeframe」です。SafeframeのVimeo公式チャンネルでも多くの作品を見ることができますが、「The Scream」をなぜかウィンターバージョンにした以下のムービーも公開されていました。

The Scream - ShortAnimation Movie (winter version) on Vimeo

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
オードリー・ヘプバーンをフルCGで完全再現、イタリアの街で動くとこうなる - GIGAZINE

ピカソやゴッホなど、著名なアーティストの作風を全裸のモデルで再現 - GIGAZINE

ウィットに富んでいてかわいらしいストリートアート - GIGAZINE

「星の王子さま」や「叫び」など2015年に著作権が消滅してパブリックドメインになる作者まとめ - GIGAZINE

写真並みの再現度でフィギュアの常識を超越した「世界一動くブルース・リー」 - GIGAZINE

WindowsXPのあの「草原」壁紙はCGではなく、なんと現実に存在するリアル風景だった - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.