ムービー

火山の溶岩が吹き上がる側で撮影した恐るべきムービー


ニューヘブリディーズ諸島のうちバヌアツ共和国に属する火山島であるアンブリム島は火口の中が高温溶岩で満たされている溶岩湖があることで知られていますが、洞窟や山、火山など世界中の自然の中で映像や写真を撮っているフィルムメーカーのGeoff Mackleyさんは、そんなアンブリム島の溶岩湖に世界で最も近づいて撮影することに成功しています。煮えたぎる溶岩湖から30mの距離まで近づいている映像はSF映画のようにド迫力です。

Geoff Mackley's Site Directory
http://www.geoffmackley.com/

ムービーは以下から。

The Most Incredible Volcano Video of ALL Time - YouTube


ムービーの右端に耐熱服に身を包んで立っているのがGeoff Mackleyさん


ちょっと引き気味で映像を撮るとこんな感じ。山頂からはアシスタントのNathan Bergさんが撮影を行っています。


溶岩はおよそ1150度に達しているのですが、Geoff Mackleyさんと仲間のBradley Ambroseさんはその場に約40分間立っていたとのこと。


溶岩湖から30mという距離で約6秒間の撮影に成功したそうです。


まるで映画のように溶岩が煮えたぎっています。


そして撮影機材を壊さないためにも後ろ向きにじりじりと退却


ニュージーランド国旗を地面に刺して……


ガッツポーズ。前人未踏の地への挑戦でした。


ちなみに、このムービーは約2ヶ月の遠征によって撮影されたもの。悪天候に邪魔されながらも消防用呼吸装置と耐熱服を装備し、3度に渡って溶岩湖の近くまで行ったそうです。


岩肌に立つとまるで映画のワンシーンのような雰囲気。


溶岩湖に近づくため、ロープを付けて200mほど山を下り、さらにロープを外してさらに100mほど下りていくわけです。


溶岩湖が見えてきました。


溶岩湖の近くは暗く、溶岩の放つ赤い光に満ちています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
火山噴火で起こった終末のような光景が撮影される - GIGAZINE

オーロラと火山の噴火を同時に撮影して映画のような光景になっている写真 - GIGAZINE

キラウエア火山の目の前で波に乗るサーファー - GIGAZINE

海底火山噴火の瞬間をとらえた迫力のある写真いろいろ - GIGAZINE

アメリカ、セントヘレンズ火山の噴火のムービー - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.