Google・Microsoftなどの翻訳エンジンを選べて複数言語対応のフリーソフト「QTranslate」


サポートしているブラウザ・アプリケーション(Google Chrome・IE・Microsoft Word・Microsoft Outlook・Acrobat Reader・Skypeなど)の文書を選択しショートカットキーを使ってすぐに翻訳することが可能で、Google Translate・Microsoft Translator・Promt・Babylon・SDL FreeTranslation.com・Яндекс переводの翻訳エンジンを選び複数言語を翻訳できるのが「QTranslate」です。Windows XP・Vista・7・8・Server 2003・Server 2008で起動可能となっています。

ダウンロード、操作方法については以下から。

QTranslate - Download
http://quest-app.appspot.com/download

上記サイトの「Download」をクリック。


ダウンロードした「QTranslate.3.5.1.exe」をクリック。


「I Agree」をクリック


「Install」をクリック


操作画面が表示されます。


日本語を英語に翻訳する場合は、翻訳したい文章をコピーして上の入力フォームに貼り付けて、「翻訳」をクリックすると、翻訳結果が下に表示されます。


サポートされているブラウザ・アプリケーションであれば、文書を選択して、Ctrl+Qを押せば、簡単に翻訳することが可能。


翻訳エンジンをMicrosoft Translatorに切り替えるには、この画面では「Microsoft...」をクリックすればOKです。


翻訳する言語を日本語に指定する場合は、この画面の「Auto Detect」をクリックして「Japanese」を選択。


翻訳後の言語をオランダ語に指定する場合、この画面に表示された「Auto-Detect (Japanese-Eng」を選択して、「Dutch」をクリック。


このように翻訳されます。


文書をクリアするときは、中段にある一番左のアイコンをクリック。


その他、操作画面右上にあるアイコンをクリックすると、インスタント翻訳・ローマ字表記・Dictionary・キーボードなどが選択できます。

・関連記事
見ているページをGoogleで簡単に一発翻訳できるフリーソフト「Client for Google Translate」 - GIGAZINE

英文を「スター・ウォーズ」のR2-D2の言葉に翻訳してくれるサービス - GIGAZINE

Googleでアラビア語の翻訳が可能に - GIGAZINE

いろいろな言語を学べるサイト「Mango Languages」 - GIGAZINE

Google日本語版の検索ランキングは「地図」「翻訳」「辞書」が三強 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log