ムービー

Kinectでスクリーンに投影した物を操作できる3D立体プロジェクターシステム「MirageTable」


Kinectは今やゲームに限らずウルトラセブンに変身できたりリアルタイムでぬいぐるみを操れたりと多方面で活躍しています。今度は3D立体プロジェクターと組み合わせて、投影した物体をまるで実際にあるかのように触れる「MirageTable」というプロジェクトが進められています。

MirageTable: Freehand Interaction on a Projected Augmented Reality Tabletop - YouTube


これが「MirageTable」の曲面スクリーン


頭上にプロジェクターが設置されています


ステレオ音声はオフになっています


カメラで撮っている映像がそのままスクリーンに登場


若干のタイムラグがあります


さきほどの人形とは違ってボールは実物なしですが……


手でコロコロと転がすことができます


今度はドミノ。


パイに触れると……


倒れはじめました


手をかざすと……


止めることもできます


さらに続きを倒して……


反対側からも。


中央でピタッと止まりました


ボールを手の上に乗せたところ


横から見るとこんな感じ


手の上から……


コロコロ。


黄色いブロックが登場


実物は1つしかありませんが、スクリーン内では複数に増えています


手元にはブロックが1つしかないのに積み木ができています


ピンをしばらく置いておくと映像内でピンが固定されます


実際には存在しないボールで、実際には存在しないピンを倒せます


離れたスクリーンの前にいる人と一緒に作業することもできます


このあたりの技術の進歩はトントン拍子なので、いったい来年になったら何ができるようになっているのか、想像もつきません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Kinect」でリアルタイムにぬいぐるみや映写機を操るインタラクティブアート - GIGAZINE

Kinectでウルトラセブンに変身、アイスラッガーも見事に再現 - GIGAZINE

フリースタイルダンスでもWiiリモコンとKinectで点数化できるゲーム「WiiPop」 - GIGAZINE

物体と3D映像を重ねて表示する「実空間融合3Dディスプレイ」、複数人で裸眼閲覧OK - GIGAZINE

実際の建物をプレイ可能なピンボール台にする「URBAN FLIPPER」 - GIGAZINE

iPhone 4Sを使って現実空間投影型の「ストリートファイター」を遊ぶ - GIGAZINE

複数のスマートフォンやディスプレイを1つの巨大な画面にできる新技術「Junkyard Jumbotron」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.