ムービー

地上100mの綱渡り中に中国人男性がスリップ、あわやの場面も


中国で行われた綱渡りのパフォーマンスで、Saimaiti Aishan氏は熱気球を2機使って地上100mの高さにワイヤーロープを張り、空中での綱渡りを敢行しましたが、途中足を滑らせるなどのアクシデントが発生しました。英紙「The Telegraph」がその時の様子をムービーで伝えています。

Video: Acrobat walks tightrope between hot air balloons - Telegraph

下のムービーはAishan氏の綱渡りを撮影したもので、足を滑らせる瞬間も捉えられています。

‪Tightrope Walker Chinese High-Wire Artist Saimaiti Aishan Left Hanging At 100m In China‬‏ - YouTube


The Telegraphのムービーでは、再チャレンジの様子を見ることができます。




地上100mに浮かぶ2機の気球。


平行棒を持ちながら進むAishan氏。


ワイヤーは足ひとつ分の幅もありません。そして命綱というにはあまりにも頼りないロープが腰につながっています。


風に煽られたのか、大きくバランスを崩します。


かろうじてワイヤーにしがみつくAishan氏。


両手でぶら下がり、体勢を整え、いったん下降。


再度挑戦します。


今度は隣の気球まで無事たどり着きました。


安堵の表情を浮かべるAishan氏。氏は現在、4度目のギネス世界記録更新を目指して、地上200mでの綱渡りを準備しているそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
裸で逆さまになりながら自転車に乗り、命がけの綱渡りをする男 - GIGAZINE

ナイアガラで1日2回の綱渡りを10週間する男 - GIGAZINE

命綱無しで40メートルの高さから自転車を乗って綱渡りするムービー - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.