紙のみで忠実にゲームボーイを再現した超精巧なペーパークラフト


全世界で売り上げ台数1億5000万台以上という任天堂の初代ゲームボーイが発売されたのは1989年。もう20年以上昔のことですが、その後大きく形状が異なるゲームボーイアドバンスやニンテンドーDS、他社製のPSPなどに乗り換えてゲームボーイでは遊ばなくなったという人でも、携帯ゲーム機というと真っ先にこの形を連想する人は多いのではないでしょうか。

その懐かしいゲームボーイへの愛があふれた、おそろしく精巧なペーパークラフトを紹介します。

詳細は以下から。Paper Game on the Behance Network

このペーパークラフトはフランス・ナンシーを拠点とするThibault Zimmerman氏とLucie Thomasさんによるアーティスト・デュオ「Zim And Zou」の作品。


裏面。


組み立て前。


サイドの接合部や裏面の滑り止めの凹凸も紙のみで立体的に再現されています。


見ているだけでゲームボーイの手触りがよみがえってくるのではないでしょうか。


ロゴもインクで書いてあるわけではなく、紙を切り抜いて張り付けてあります。


取り外しできるロムカセットは「テトリス」が付属。ちなみにテトリスはゲームボーイ史上最も売れたソフトとのことです。


遊んでいる様子。


テトリスのプレイ画面も紙のみで忠実に再現。


立体的に作られています。


実はこのように巨大に作ったものを撮影して画面に合成したようです。


こちらはカラフルなキャンディカラーのバージョンを作る前に習作として作られた初代ゲームボーイと同じ配色のもの。


表から見ると少しいびつですが、裏から見るとそっくりです。

・関連記事
世界最小、ペーパークラフトで作ったニンテンドーDS Lite - GIGAZINE

ソニックのステージ1ペーパークラフト - GIGAZINE

紙とは思えないほどハイクオリティなリンクの等身大ペーパークラフト - GIGAZINE

美しく個性的なデザインで本当に使えるピンホールカメラのペーパークラフト - GIGAZINE

ゲームもプレイ可能なゲームボーイのコスプレ - GIGAZINE

ゲーマー御用達のゲームボーイ型レンガ - GIGAZINE

0

in アート, Posted by darkhorse_log