サイエンス

小惑星帯で彗星のように光の尾を引く謎の物体をハッブル宇宙望遠鏡がとらえる


地上からの観測に比べて大気などの影響を受けず精度の高い観測が可能なハッブル宇宙望遠鏡が、これまでにない不思議な写真を撮影したそうです。一見、尾を引く彗星のように見えるこの物体は、彗星と違って中心となる核周辺の構造がおかしく、尾の部分にはガスがないとのことで、現時点では謎の物体となっています。

詳細は以下から。
APOD: 2010 February 3 - P2010 A2: Unusual Asteroid Tail Implies Powerful Collision

火星と木星の間にある小惑星帯で発見された「P/2010 A2」。


アルファベットの「X」のような形が見える先端。


予測では2つの小惑星が衝突して生じたデブリではないかと見られていますが、その場合小惑星はライフル銃の5倍以上の速度である時速1万5000km以上で衝突しており、発生したエネルギーは核爆発をはるかに上回るものであるとしています。

通常の彗星はこんな感じ。ガスなどで構成されているイオンテイルを中心にしてまわりに塵などで構成されるダストテイルが尾として見られる形になっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
謎の宇宙人による誘拐事件多発地帯 - GIGAZINE

Googleマップで確認できる千葉県のこの謎の巨大な穴は一体何なのか? - GIGAZINE

日本政府、UFOが日本に飛来した場合の対応を発表 - GIGAZINE

胴体から謎の足が生えたヘビが発見される - GIGAZINE

謎のUFOプロジェクト、あなたは見破ることができるか? - GIGAZINE

火星からとらわれの地球人が送信した謎のメール - GIGAZINE

NASAが毎日美麗な画像を提供する「IMAGA OF THE DAY」 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.