ハードウェア

HP、HD液晶とIntel製の高速SSDを搭載した低価格ミニノート「HP Mini 2140」のハイスペックモデルを発売


HP(ヒューレット・パッカード)が販売している低価格ミニノート「HP Mini 2140」に、HD液晶と大容量のIntel製高速SSDを搭載したモデルが登場しました。

また、OSもWindows XPとなっているほか、500kgf(重量キログラム)の圧力に耐えられる堅牢性の高いボディなどを採用したモデルとなっています。

詳細は以下の通り。
日本HP ニュースリリース お知らせ ミニノートPC「HP Mini 2140」にWindows(R) XP Professionalと高解像度ディスプレイ搭載モデルを追加 2009年4月16日

このリリースによると、HPは4月下旬から低価格ミニノート「HP Mini 2140」のラインナップに、HD液晶と大容量のIntel製高速SSDを搭載したモデルを加えるそうです。

新たに加わるモデルはIntel Atom N270プロセッサ(1.60GHz)、2GBメモリ、Intel製80GB高速SSD、10.1インチワイドHD液晶ディスプレイ(1366×768)、802.11a/b/g/n対応の無線LAN、Bluetooth2.0+EDR、WEBカメラなどを備えており、OSはWindows Vista BusinessからWindows XP Professional with SP2にダウングレードしたものになるとのこと。気になる価格は7万9800円で160GBのHDDを搭載したモデルは6万9930円。

なお、「HP Mini 2140」は約500kgfの圧力にも耐えるフルアルミニウムの筐体が採用されているほか、HDDを移動中の振動や衝撃から守る「HP 3Dドライブガード」やBIOSパスワード、ドライブロックなど、ビジネス用途に必要な機能と安全性を備えたモデルとなっています。

・関連記事
これまでに発売された低価格ミニノート全機種を一覧するとこうなる - GIGAZINE

低価格ミニノート「Aspire One」のリフレッシュモデルが2万円台で販売中 - GIGAZINE

NECがパソコンと携帯電話を融合させた製品を発売へ、専門組織を新設 - GIGAZINE

Acer、3DゲームやHD動画を楽しめる「ION」ベースの超小型低価格パソコン「AspireRevo」を発売 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log