ムービー

災害時も想定してつくられた歩行する家「N55 WALKING HOUSE」


洪水などの災害も想定した移動する家がつくられたそうです。太陽電池と風車が動力になっていて、ライフラインが断たれても動作可能とのこと。

移動時のムービーも公開されているのですが、安全に移動するため速度は非常にゆっくりとなっています。

詳細は以下から。
Manual for micro dwellings

どのような環境でも生き残る術を磨いていた遊牧民の文化を参考にして、Wysing Arts Centreが始めたプロジェクトでつくられたそうで、雨水を集めるシステム、太陽光でお湯を沸かすシステム、小さな温室などが取り付けられ、最大4人が完全に自給自足できるようになっているとのこと。

鉄、アルミニウム、木など様々な素材で構成されているN55 WALKING HOUSE。窓はポリカーボネイトでできています


内部のリビングルーム


キッチンやトイレ用のスペース


屋根にはソーラーパネルを設置


傾くことなく移動する様子が見られるムービー。最大時速は60メートルになるそうです
YouTube - N55 WALKINGHOUSE First Steps


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界初の変形する高層ビル「Dynamic Tower」 - GIGAZINE

ビル・ゲイツの自宅は9700万ドル - GIGAZINE

1日わずか19分で自分の家をキレイにする方法 - GIGAZINE

「巨大な城」と「謙虚な家」、同じ値段ならどちらを買う? - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.