ムービー

1基で7メガワットの発電量を誇る世界最大の風車「Enercon E-126」


温室効果ガスの排出量が少なく、燃料コストが無いためなどの長所があり、イギリス沖合にウインドファームを建設する計画があったりする風力発電。そのための風車で世界最大のものがこのドイツ・Enercon社のE-126という代物。羽根の長さは126mもあり、発電量は7メガワットにもなるそうです。

詳細は以下の通り。
E-126はE-112という風車の改良版。下はE-112。


霧の中で回るE-112のムービー。遠くから撮影されていますが、かなりでかい風車ですね。
YouTube - Enercon E-112


建設中のE-126。


E-126の根元部分。人間と比べるとあまりに巨大で、まるで怪獣の足みたい。


羽根部分を裏側から。


アメリカでは一世帯が月に938キロワット時、一年で1万1256キロワット時を消費しています。E-126は年間2000万キロワット時を発電できるため、1基でアメリカの1776世帯の年間消費電力を支えることができます。ちなみにヨーロッパなら4人家族でだいたい5000世帯分らしい。

Enercon社は世界の風力発電市場シェアの15%を占める第3位の企業で、第1位はデンマークのVestas社でシェアは約33%、第2位はスペインのGamesa社でシェア17%。日本企業のトップは三菱重工業で、シェアは約2%。


風力発電 - 風力発電の状況 - Wikipedia

7メガワットという数値は火力発電ならかなり小型、太陽光発電でもそれほど大きくないレベルにあたります。それなりの発電量を得るためにはこの巨大風車のウインドファームを作らないとダメということに。環境保全とエネルギー確保の両立はやはり難題です…。

New Record: World’s Largest Wind Turbine (7+ Megawatts) : MetaEfficient

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
風力発電用風車のついたバーレーン世界貿易センターの写真 - GIGAZINE

15歳の少年がスクラップで風車を作り、自家発電することに成功 - GIGAZINE

イギリス沖合に7000基の風力発電タービンを設置する計画が進行中 - GIGAZINE

はてな、全サーバーの電力を風力発電に移行 - GIGAZINE

電気を全て自力で供給できる超高層ビル - GIGAZINE

全面が太陽電池パネルに覆われたすごいビル - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.