1億円もゲームアプリに課金したユーザーがカリフォルニアにいることが判明


かつて雇用されていた会社から横領した事実を裁判で認めた男が、1億円を超える大金をスマートフォンのゲームで散財していたことが判明しました。

California man spent $1 million playing Game of War | Ars Technica
http://arstechnica.com/tech-policy/2016/12/california-man-spent-1-million-playing-game-of-war/

アメリカ・カリフォルニア州の45歳の男が雇用主から約480万ドル(約5億5000万円)を横領した疑いで起訴されていた事件で、男は公判内で横領していた事実を認めましたが、その金のうち約100万ドル(約1億1500万円)をスマートフォンゲーム「Game of War」に使っていたことが明らかになりました。

Game of Warは世界規模で行われるオンラインゲームで、2015年のNFLスーパーボウルで出されたCMは、YouTubeで1000万回以上再生されるなどアメリカを中心に人気のゲームとなっています。

California man spent $1 million playing Game of War | Ars Technica


VentureBeatによると、Game of Warでの平均的ユーザーが使う額は年間当たり平均550ドル(約6万3000円)とのことなので、1億円以上を浪費した男のすさまじさがよくわかります。なお、ゲームアプリへの約1億円の浪費の他、男は美容整形手術、フォーティナイナーズ対キングスのシーズンチケット、フォルクスワーゲン・ゴルフのオーナーメンバーシップ会員権などを購入したこともわかっています。

ちなみにソーシャルゲームへの課金では、上には上がいるもので、「戦国炎舞 -KIZNA-」のトッププレイヤーichiさんは、引退するまでに4億円近い大金を投じていたことが話題になっています。

ソシャゲに4億円近く課金したユーザーが引退。「殿堂入り」の称号を贈られる - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/1043837

・関連記事
スマホゲームの収益の半分は全ユーザーのたった0.19%が支えていることが判明 - GIGAZINE

政治家が選挙資金で約14万円もゲームの課金に使用していたことが明らかに - GIGAZINE

1位になるのは?Googleが選んだ「2016年ベストゲーム」&「2016年ベストアプリ」ノミネートリストまとめ - GIGAZINE

Appleが選ぶ「Best of 2016(今年のベスト)」が発表、1位に輝いたゲーム&アプリは? - GIGAZINE

「スーパーマリオ ラン(SUPER MARIO RUN)」は12月15日にiOS版配信開始&価格決定、新プレイムービーも公開 - GIGAZINE

ポケモンGO人口が激減するもアプリ業界全体の課金額の約30%を維持 - GIGAZINE

188

in モバイル,  ウェブアプリ,  ゲーム, Posted by logv_to