ゲーム

マリオが無限生成される宇宙でピーチを探すという途方もないゲーム「No Mario’s Sky」


1800京個もの惑星が存在する広大な宇宙を旅するというオープンワールドゲーム「No Man's Sky」がPCやPlayStation 4でリリースされ、無限に生成される宇宙という舞台や、モノリスやハイパードライブといったSFファンにはたまらない演出などがゲーマーの間で注目を集めています。そんな中、名作ゲームの「スーパーマリオブラザーズ」と「No Man's Sky」をミックスさせた「No Mario's Sky」というファンメイド作品が登場しました。

No Mario's Sky by ASMB Games
https://asmb.itch.io/no-marios-sky

Play No Mario's Sky game in which Super Mario meets No Man's Sky | WIRED UK
http://www.wired.co.uk/article/play-no-marios-sky-game

No Mario's SkyがオマージュしたNo Man's Skyがどのようなゲームかは以下の記事を見るとよくわかります。

1800京個の驚くほど広大な宇宙を探索しモノリスやハイパードライブなどSF感満載のゲーム「No Man’s Sky」をプレイしてみた - GIGAZINE


開発者の1人が公開しているプレイームービーがコレ。


また、YouTubeにも多数のプレイムービーが公開されています。

No Mario's Sky is 4 billion planets of Super Mario! (Ludum Dare 36 game jam gameplay) - YouTube


No Mario's Skyはスーパーマリオブラザーズのステージを踏襲し1-1からスタート。


クリボーやハテナブロックなどおなじみのキャラクターが登場します。また、音楽はスーパーマリオブラザーズの曲をアレンジした曲を使用。


クリボーはオリジナルと比べて口が大きく、少し凶暴そうな見た目です。


ステージの途中で筋肉モリモリマッチョマンのキノピオが登場しました。


キノピオによるとピーチ姫は他の惑星にさらわれたとのこと。


すると、マリオがスペースシャトルに乗り込み……


そのまま空に向かって飛び出しました。


マリオを乗せたスペースシャトルは大気圏を離脱して……


そして宇宙空間へ。よく見ると画面右下に円形のマップが表示されており、赤・黄・緑といった点は惑星の場所を示しています。


緑の点めがけて飛行し大気圏に近づくと、画面上部のワールド名が「FFFF-F660」という謎の名前に変わりました。


スペースシャトルは地面に激突しつつ着陸。


これで惑星「FFFF-F660」に到着したというわけ。再びピーチ姫捜索が始まります。


惑星に登場するアイテムや敵キャラクターは、惑星ごとに異なる形状をしており、また、音楽も惑星ごとに違うアレンジが加えられるとのこと。


夕焼けでピンク色に染まった惑星や……


クッパ城の地下ステージのような惑星など、無限に生成される宇宙のステージは多種多様です。広大な宇宙からピーチ姫を探し出すのは至難の業と言えそう。


No Mario's Skyはベン・ポーターマックス・ケーヒルアレックス・マイクサム・イゾという4人の開発者が作ったゲームで、驚くのは完成までに72時間しかかからなかったということ。No Mario's Skyは無料で公開されており、以下のページからダウンロードできますが、著作権侵害で削除されるのは時間の問題と見られています。

No Mario's Sky by ASMB Games
https://asmb.itch.io/no-marios-sky

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1800京個の驚くほど広大な宇宙を探索しモノリスやハイパードライブなどSF感満載のゲーム「No Man’s Sky」をプレイしてみた - GIGAZINE

「まんま公道マリオカート」なミニカー「X-Kart」で東京都心を爆走してみました - GIGAZINE

ピクサーがこれまでの名作映画をオマージュしまくっているシーンを集めたムービー「Pixar’s Tribute to Cinema」 - GIGAZINE

「Mass Effect 3」のN7ライフルを超精密に立体化 - GIGAZINE

「スター・トレック」の権利元が「二次創作の10個のガイドライン」を突如制定 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.