ハードウェア

日常に潜むシャッターチャンスを逃さずものにできそうなウェアラブルカメラ「Blincam(ブリンカム)」


日常にはさまざまなシャッターチャンスが存在しますが、写真に残すべきベストのタイミングがいつどのタイミングで訪れるのかはわかりません。そのベストのシャッターチャンスは両手がふさがっている時や、スマートフォンやカメラがバッグの中にある時かもしれず、写真を撮ろうとあたふたしている内に「シャッターチャンスを逃してしまった」という瞬間は誰しもが経験したことがあると思います。そんな絶好のシャッターチャンスを逃さず、かつ、両手がふさがっていても写真が撮影可能になるウェアラブルカメラが「Blincam(ブリンカム)」です。

Blincam|Wearable Camera|Hands Free|ブリンカム
http://www.blincam.co/

Blincamがどんな端末かは以下のムービーを見るとよく分かります。

Blincam PV short version - YouTube


メガネをかけた女性が歩いてきて……


パッとこちらを向きます。


そしてウインク。


これは美人なお姉さんがいたずらに愛想を振りまいているわけではなく、ウインクすることで写真を撮影していたのでした。


メガネに取り付けて使用するスティック型のカメラがBlincamです。目で見ているものを、視界に近い画角で撮影できるカメラで、撮影した写真はBluetooth経由でスマートフォンなどで手軽に確認できます。


テクテク外を歩いている時に……


犬を発見。


ウインクするだけでさりげなく写真を撮影可能。


Blincamはメガネと一体になっているので、わざわざカメラやスマートフォンを取り出して撮影する必要もありません。


続いて、Blincamの開発者であるタカセショウタさんが登場。


Blincamの最大の利点はハンズフリーでいつでも手軽に写真を撮影できるという点です。例えば子どもの写真を撮影する際、「お父さんは撮影係で」といった役割分担も必要なく、子どもと一緒に遊びながらより臨場感のある写真を撮影できるようになるわけです。


子どもと一緒に遊びながら思い出を作り、その思い出を余すところなく写真として残しておけるというわけ。


他にも料理中で手が離せない……


でも、写真が撮りたい、という場合。


Blincamがあればより臨場感のある写真が撮影できます。というか、料理中でも何の問題もなく写真が撮れます。


他にも、撮影した写真は……


その場でスマートフォンで確認・SNSで共有することもできます。


ハンズフリーで写真撮影可能なため、自転車に乗りながらパシャリと写真撮影したり……


買い物をして荷物で手がふさがっていても……


問題無く写真撮影可能です。


BLINCAMは意識的な強いウインク、もしくは両目を強く閉じると反応する独自のウインクセンサーを搭載しており、同技術は特許出願中とのこと。

本体カラーは5種類あり、左からスカイブルー・ファッションピンク・ボールドブラック・ライムグリーン・スリムホワイト。


ウェアラブルカメラの「BLINCAM」は現在クラウドファンディングサイトのMakuakeで出資を募集中。目標金額は100万円だったのですが、既に1100万円を超える出資が集まっており製品化はほぼ確実。BLINCAMをゲットしたい場合は税込1万8000円の出資で1台入手可能。配送は2017年1月頃が予定されています。

なお、BLINCAMへの出資期限は2016年9月29日です。

メガネにつけてウインクで撮影。世界最速のウェアラブルカメラ「BLINCAM」

・関連記事
ソニーがカメラ内蔵コンタクトレンズの特許申請、まばたきで絞り調整・オートフォーカス・シャッターを操作 - GIGAZINE

まさにスパイ道具な「極小カメラ内蔵スマートコンタクトレンズ」の特許が申請される - GIGAZINE

新「Google Glass」と思われるデザインがGoogleの取得した特許から判明 - GIGAZINE

まばたきで等倍と2.8倍を切り替えられる望遠コンタクトレンズが登場 - GIGAZINE

眼球に埋め込まれたカメラで見た物すべてを記録し映画にするプロジェクト - GIGAZINE

ウェアラブル端末を進化させるカギは「汗」?運動量測定などの精度向上に有用な新技術が登場 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii