Kindle史上最薄・最軽量&内蔵バッテリー付カバーで数か月充電不要の「Kindle Oasis」が登場


2016年4月に入ってからAmazonのジェフ・ベゾスCEOが予告していた、第8世代新型Kindle「Kindle Oasis」がついに登場しました。当初のうわさ通り、Kindle Oasisの本体は薄型で内蔵バッテリー付きの専用カバーが付属しており、これまでよりもさらにバッテリー状態を気にすることなく電子書籍での読書が楽しめるようになります。

Kindle Oasis - 最薄・最軽量。革新的なデザイン
http://www.amazon.co.jp/dp/B010EJWHUC/

これが新しく登場した第8世代Kindleの「Kindle Oasis」。本体右側面だけベゼルが幅広で、ここにページめくり用の物理ボタンが2つ配置されているという、これまでのKindleとは異なる端末デザイン。


Kindle Oasisにはバッテリー内蔵の専用カバーが付属しており、明るさ設定10・ワイヤレス接続オフで毎日30分使用した場合、数か月充電不要で使用できます。


本体を側面から見るとKindle Oasisの薄型デザインが際立ちますが、紙のように軽く感じられるように従来のKindleよりも20%以上軽くなっており、さらに平均で30%以上端末が薄くなりました。人間工学に基づいた左右で薄さの異なるデザインも特徴的。


Kindle Oasisのサイズは縦143mm×幅122mm×薄さ3.4~8.5mm。本体重量はWi-Fiモデルが131g、Wi-Fi+無料3Gモデルが133g、専用カバーは107g。これまでのKindleも十分に薄型・軽量デザインですが、Kindle OasisではKindle史上最強のカバーガラスと高剛性プレーティングを施した非常に軽いフレームを採用することで、軽さと耐久性を実現しています。


実際に手に持つとこんな感じ。本体を手で持ったときの親指の位置にページめくりボタンが配置されており、左右で薄さの異なる端末デザインにより、本体の重心が手の中におさまるようになっているので、片手で持っても重さを感じさせず、かつ手の中に端末がしっくり落ち着くとのこと。なお、グリップ部分は右側に配置されていますが、端末を反転させて左手でグリップしてもOK。


バッテリー内蔵カバーは取り外し自由で……


カラーは左からウォルナット(スウェード)・ブラック・メルローの3色。専用カバーの表面はレザー製で、カバーを開くと端末のスリープが解除され、閉じると自動でスリープします。Kindleの筐体部分はすれなどに弱く、使用していくうちにたくさんの傷が増えていくので、初めから付属している専用カバーで本体を傷から守ることができるというのもありがたいポイント。


なお、Kindle Oasisの詳細なスペックは以下の通り。

ディスプレイ:Carta電子ペーパー技術採用6インチAmazon Paperwhiteディスプレイ、解像度300ppi、内蔵型ライト、フォント最適化技術、16階調グレースケール
サイズ:143mm×122mm×3.4~8.5mm
重量:Wi-Fi:131g/Wi-Fi+無料3G:133g/カバー:107g
システム要件:ワイヤレス接続対応、コンテンツのダウンロード時にPC不要
容量:4GB/端末本体に数千冊保存可能(一般的な書籍の場合)
クラウド:Amazonのコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
バッテリー:バッテリー内蔵カバー装着時、明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で数か月利用可能。ワイヤレス接続およびライトの使用によって利用できる時間は異なります
充電時間:PCからUSB経由での充電で約3時間
Wi-Fi接続:802.11b、802.11g、または802.11n標準規格を使用した、公共およびプライベートネットワークまたは無線LANスポット、パスワード認証によるWEP、WPAおよびWPA2セキュリティおよびWPSに対応
対応ファイルフォーマット:Kindleフォーマット8(AZW3)、Kindle(AZW)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応
ユーザーヘルプ:スタートガイド(同梱、PDF)、Kindleユーザーズガイド(端末にプリインストール、PDF)。その他の情報はヘルプページで参照できます
保証とサービス:1年限定保証付き。国内の場合、オプションで別売の延長保証をご利用いただけます。Kindle の使用時は利用規約が適用されます
同梱内容:Kindle Oasis、バッテリー内蔵カバー、USB 2.0充電ケーブル、保証書、スタートガイド(PDF)

新しいKindle OasisのスペックをKindleKindle PaperwhiteKindle Voyageと比較すると以下の通り。内蔵LEDの数が増えており、より明るいディスプレイに進化していますがディスプレイの解像度は300ppiでKindle Paperwhite・Kindle Voyageから変化なし。


なお、「Kindle Oasis(専用カバー付)」は現在予約受付中で、Wi-Fiモデルはキャンペーン情報つきが3万5980円、キャンペーン情報なしが3万7980円。Wi-Fi+無料3Gモデルのキャンペーン情報つきが4万1190円、キャンペーン情報なしが4万3190円で、2016年4月27日発売予定です。

Kindle Oasis - 最薄・最軽量。革新的なデザイン

・関連記事
Amazonが電子書籍リーダーKindleの大型アップデートを2016年2月に実施、新機能はこんな感じ - GIGAZINE

「最新版Kindle(第8世代)を来週発表」とジェフ・ベゾスCEOが予告 - GIGAZINE

「最新版Kindle(第8世代)」は薄型モデルでバッテリー内蔵ケースが付属 - GIGAZINE

バッテリー内蔵のレザーケースで数カ月の連続稼働が可能な「Kindle Oasis」の画像がリークされる - GIGAZINE

111

in ハードウェア, Posted by logu_ii