スマホをそのままデスクトップPCにできるソフト「maru」


ウェブの閲覧やちょっとしたOfficeスイートの操作などをスマートフォンではなく大画面のディスプレイでやりたいという要求に応えるために、Windows 10 Mobileには「Continuum」という機能があります。Continuumのように、スマートフォンを大画面ディスプレイにつないでデスクトップPCのように使えるようにするソフトウェア「maru」が公開されています。

maru
http://maruos.com/

maruは、スマートフォンをディスプレイに接続するだけで、デスクトップPCのように変身させられるソフトウェアです。


ディスプレイとはHDMI変換Micro-USBケーブルなどを使って接続します。


もちろんマウスとキーボードで操作可能。スマートフォンと接続するために、マウス・キーボードはBluetooth接続できるタイプが必要とのこと。


使い方は、HDMI端子のあるディスプレイとスマートフォンをHDMI変換Micro-USBケーブルで接続して、キーボード・マウスをスマートフォンにBluetoothで接続するだけ。


スマートフォンをデスクトップPCに変身させるソフトウェア「maru」は、記事作成時点ではNexus 5のベータ版のみ利用可能です。


Nexus 5で使えるベータ版maruをゲットするためには、リストに登録する必要があります。maruサイトの「Get Maru」をタップ。


メールアドレス、氏名、持っているスマートフォンを入力して、「Subscribe to List」をタップ。


すると、登録したメールアドレスにmaruからニュースレターメールが届くので、本文内の「Yes, subscribe me to this list」をタップすればリストに登録され、後ほどベータ版利用案内のメールが届く仕組みです。


Windows 10 MobileのContinuumのような機能を実現する「maru」は、開発途中。記事作成時点ではNexus 5のみ対応することが分かっていますが、リスト登録するときに聞かれる「持っているスマートフォン」の例に、iPhone 6が入っていることからAndroidスマートフォンだけでなくiPhoneに対応したバージョンが開発される可能性もありそうです。

・関連記事
スマホをWindows 10・PCのように操作できる「Continuum」を実際に使ってみるとこんな感じ - GIGAZINE

面倒な設定は一切なしでスマホの画面を大画面ディスプレイに出力できる「SlimPort to HDMI変換アダプタ」を使ってみました - GIGAZINE

Chromeに拡張機能を入れるだけでAndroidからPCに接続できるアプリ「Chrome Remote Desktop」 - GIGAZINE

激安でiPadをWindows PCに変えられるポケットサイズの小型PC「InFocus Kangaroo」 - GIGAZINE

231

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by logv_to