Ubuntu PCのフル機能が使える世界初の「Ubuntu搭載タブレット」登場


LinuxをベースとしたオープンソースOS「Ubuntu」を初めて搭載したタブレット「BQ Aquaris M10 Ubuntu Edition」が2016年3月に登場します。10インチタブレットでありながらPCと同じソフトウェアを動作することができ、キーボードやマウスを接続すれば「PCモード」で使用することが可能。使い方に合わせてPC・タブレットに切り替え可能なモバイル端末となっています。

Ubuntu for tablets | Ubuntu
http://www.ubuntu.com/tablet

Ubuntu OSはモバイルベースのインターフェースと、PCのフル機能を1台の端末で使用可能な世界初のOSです。


そんなUbuntuを搭載したタブレットBQ Aquaris M10 Ubuntu Editionは、Ubuntu PCの機能をそのままタブレットに移し替えたような端末となっており、ワイヤレスでマウスとキーボードを接続すれば、PCと全く同じ機能が使える「PCモード」で使用可能。また、「タブレットモード」でもモバイルアプリを2つ同時に使用できるマルチタスク機能を備えています。


PCモードで使っている様子はこんな感じ。


タブレットとモニターをHDMIで接続すれば、モニターをデスクトップPCとして使用することも可能。


SNS・ゲーム・ブラウザ・メール・開発環境など、必要なアプリが全てタブレットに入っています。


なお、BQ Aquaris M10 Ubuntu Editionのスペックは以下の通り。

ディスプレイ:10.1インチマルチタッチスクリーン
プロセッサ:MediaTek Quad Core MT8163A(最大1.5GHz)
バッテリー:7280mAh Li-Poバッテリー
メモリ(RAM):2GB
内部ストレージ:16GB
カメラ:1200万画素、オートフォーカス、デュアルフラッシュ、フルHD(1080p)ビデオ撮影
音声:前面スピーカー
外部スロット:microSD(64GBまで)、Micro HDMI
サイズ:246×171×8.2mm
重量:470g


また、企業向けですがハイエンドモデルも用意されています。


BQ Aquaris M10 Ubuntu Editionは2016年第2四半期にBQのウェブストアで発売される予定です。価格は不明ですが、すでに販売中のBQ Aquaris M10(Android 5.1 Lollipop)の価格は229.90ユーロ(約3万円)なので、これに近い価格になると予想されます。

bqStore
https://store.bq.com/gl/

・関連記事
Ubuntu搭載スマホの実現に向けて世界的なスマホ製造メーカーとの提携にUbuntuが成功、ここまでの流れをまとめてみました - GIGAZINE

ついに2万円台でSIMフリーの世界初UbuntuベースLinuxスマホ近日販売開始へ - GIGAZINE

Linux搭載スマホ第2弾は高性能で知られる「Meizu MX4」ベースで販売開始 - GIGAZINE

Androidスマホでデスクトップ用とモバイル用UIを切り替えて使える「Ubuntu for Android」のデモはこんな感じ - GIGAZINE

366

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log