CIAによる「人間破壊」の拷問を受けた生還者が考案した心理学者2名を訴える

by openDemocracy

テロの容疑者に対して行われたことが指摘されている非人道的な拷問を実際に受けつつも生還したというタンザニアの漁師らが、この拷問を考え出した2人の心理学者を訴えています。

Out of the Darkness | American Civil Liberties Union
https://www.aclu.org/feature/out-darkness

Detainees sue psychologists who engineered, profited from CIA torture | Ars Technica
http://arstechnica.com/tech-policy/2015/10/detainees-sue-psychologists-who-engineered-profited-from-cia-torture/

訴えを起こしているのはタンザニアの漁師、スレイマン・アブドラ・サリーム氏ら3人。スレイマン氏は結婚して2週間後の2003年3月15日、ソマリアの首都・モガディシオでCIAのエージェントによって誘拐されました。

まずはケニアに運ばれ、そこからプントランドの都市・ボサソにある空軍基地を経由してジブチへ。そして、ジブチからアフガニスタンにある「コバルト」と呼ばれるCIAの刑務所へ送られました。


この「コバルト」で、スレイマン氏は2003年3月26日から5月ごろにかけて、約5週間にわたって拷問を受け続けました。拷問は心理学者のジェームズ・ミッチェルとジョン・ブルース・ジェッセンが考案した、「捕虜を従順に変えて情報を引き出す」ことを目的としたもので、この拷問技術の開発で2人の会社は8100万ドル(約97億円)を受け取っています。

まず、スレイマン氏が入れられた房は何もかもが真っ黒で、スレイマン氏が「闇」と表現したほど。拷問はスレイマン氏を肉体的にも精神的にも破壊し尽くそうとするもので、氷水を浴びせられたり、壁に叩きつけられたり、かろうじてつま先がつくぐらいの高さに吊されて金属の棒で殴られたりしたとのこと。5週間にわたって拷問を続けた虐待者は、スレイマン氏が精神的に「破壊」されて抵抗する力がなくなったと評価しました。

このころスレイマン氏は鎮痛剤をため込んでおり、これを一気に飲むことで自殺しようとしましたが、薬を飲み始めた瞬間に警備が飛んできて阻止されてしまったそうです。

「コバルト」での約5週間の拷問ののち、スレイマン氏はソルトピット刑務所へ輸送されました。ここもCIAの秘密刑務所で、非人道的な尋問が繰り広げられました。このソルトピット刑務所での拷問を描いた作品としては、フランス語のマンガ「Salt pit」があります。

ソルトピットでも1年2ヶ月にわたって拘束されたスレイマン氏は、2004年7月にバグラムでアメリカ軍に引き渡され、2008年8月17日に「嫌疑なし」として解放されました。この間、家族のもとにはスレイマン氏の情報は当然ながら全く届かなかったため、死んだものだと思われていたそうです。なお、解放後に何度も探したものの、妻のマジダさんは見つからなかったそうです。

アメリカ自由人権協会(ACLU)のドロール・ラディン氏は「2人の心理学者は、人間としての地位を下げ、肉体と精神を破壊するような拷問の開発・管理を行いました。それはあまりにも残酷で不道徳なもので、第二次世界大戦以来の人体実験の禁制を破ったものです」と糾弾。

今でも拷問のフラッシュバックがあるというスレイマン氏。今は、人を傷つけようとするのではなく、助けようとする心理学者の助けを借りてどう向き合うかを学んでいるとのこと。一方で、「何人たりとも、この2人がもたらした恐怖を許してはなりません」とも語っています。

こうした拷問の土台が生まれたのは2001年9月11日に発生したテロの直後で、9月17日にブッシュ大統領はCIAがアルカイダのメンバーを捕らえて拘留することを認める命令に署名。この時点ではCIAには冷戦期に持ち合わせていたような「尋問」技術がなかったそうで、研究が進められることになりました。そこで現れたのがミッチェルとジェッセンでした。

しかし、この2人は実際の尋問がどういったものかという経験がなく、さらにはアルカイダや、テロリズムの背景、地域・文化・言語の専門知識もなかったとのこと。それでも、CIAは2001年12月、アルカイダが作成した対尋問マニュアル「チェスター・マニュアル」の調査をミッチェルとジェッセンに依頼。このマニュアルに記された抵抗法に打ち勝つため、2人は学習性無力感によって捕虜の心を打ち砕き、情報を引き出すための技術を生み出しました。

アルカイダの幹部だとみられたAbu Zubaydahは、真っ白に塗られた独房でひたすら大音響のロックを流されて睡眠を奪われるなど、ミッチェルとジェッセンが考案した「拷問」を受け、「破壊」されました。現在もZubaydahはグアンタナモに拘束されていますが、脳の中枢へのダメージが大きく、頭痛や発作に悩まされているほか、父親の名前や自分の生年月日も思い出せない状態だそうです。

スレイマン氏らが苦しめられたこの拷問は、オバマ大統領によって2009年に終了命令が出されました。しかし、世界には今も後遺症に苦しめられている人が残されています。

・関連記事
CIAの元工作員である女性がスパイになった理由・任務・訓練などを明らかにする - GIGAZINE

悪魔崇拝系バンドがCIAの拷問に使われた曲の使用料として666,000ドルを請求 - GIGAZINE

ホロコースト(大量虐殺)生存者のトラウマは子どもに遺伝する - GIGAZINE

227

in メモ, Posted by logc_nt