404エラーで消えてしまったページを各種キャッシュサービスから掘り起こすChrome拡張「Web Cache」


404エラーで消えてしまったページのキャッシュを、Google・Yahoo・Bing・InternetArchiveなどの各種キャッシュで一度に探すことができる、Google Chrome用の無料拡張機能が「Web Cache」です。。

Web Cache - Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/web-cache/coblegoildgpecccijneplifmeghcgip?utm_source=chrome-app-launcher-info-dialog

Web CacheをインストールするにはGoogle Chromeで上記のリンクを開いて、「CHROMEに追加」をクリック。


ポップアップウィンドウが表示されるので、「追加」をクリック。


「Web CacheがChromeに追加されました」と表示されたらインストールは完了です。


Web Cacheを使うには、404エラーで見えなくなってしまったページを開いて、画面右上のWeb Cacheアイコンをクリック。


すると、キャッシュサービスのアイコンが一覧で表示されます。Web Cacheで利用できるキャッシュサービスは、インターネットアーカイブ、Googleキャッシュ、Yahooキャッシュ、CoralCDN、WebCite、Bingキャッシュ、Gigablastの7種類。各キャッシュサービスを使うにはアイコンをクリックするだけです。


試しにインターネットアーカイブのアイコンをクリックしてみると、新規タブでキャッシュログページが開きました。


キャッシュページを見るには、カレンダー上に表示されている青丸をクリックしてから、キャッシュが取得された日時をクリック。



するとキャッシュページを閲覧することができます。


Googleキャッシュはこんな感じで、Web Cacheのアイコンをクリックするだけで一発でキャッシュページを見ることが可能。


Yahooキャッシュはキャッシュを取得していなかったようで、ページを見ることができませんでした。


CoralCDNは記事作成時点ではアクセス不能状態でした。


WebCiteもキャッシュ取得なし。


Bingキャッシュは検索結果に表示されませんでしたが……


Bing検索でURLを入力し、「キャッシュページ」をクリックすれば……


キャッシュページを見ることができるようになっていました。


Gigablastもキャッシュを取得していなかったようです。


また、Web Cacheアイコン右下の「all」アイコンをクリックすると……


7つのキャッシュサービスを一括で新規タブで開くことが可能。Web Cacheはネット上から消えて見えなくなったページをサクッと探したい時に便利そうなサービスとなっていました。

・関連記事
センスあふれる404エラーページ30種 - GIGAZINE

Gmailに相手が読んだかどうか確認・期限になると相手が読めなくなる・スケジュール送信などの便利機能を追加するChrome拡張機能「Mixmax」 - GIGAZINE

Microsoftの新ブラウザ「Edge」はChrome・Firefoxの拡張機能をそっくりそのまま奪い取る驚愕の仕様であると判明 - GIGAZINE

Google Chromeの拡張機能を介してマルウェアを配布する業者が増加中 - GIGAZINE

Googleサービスになりすますフィッシング詐欺サイトからパスワード盗難を予防できる公式Chrome拡張機能「パスワード アラート」 - GIGAZINE

Chromeのブックマーク機能をレベルアップさせネットで共有もできるGoogle公式Chrome拡張「Bookmark Manager」 - GIGAZINE

Amazonと他ショッピングサイトの価格比較が簡単にできるブラウザ拡張機能「Amazon 1Button アプリ」 - GIGAZINE

YouTubeやVimeoの音質を自分好みに操作できるChrome拡張機能「Audio EQ」 - GIGAZINE

食べログのレビュー点数を正規化するChromeの拡張機能「Tabelog-HonestStars」 - GIGAZINE

Amazon商品を監視して値下げを通知してくれるChrome&FireFox拡張機能「Amazon Price Tracker」 - GIGAZINE

451

in レビュー,  ネットサービス, Posted by darkhorse_log