レビュー

Dropboxが複数の人から大容量ファイルを一気に集められる新機能「ファイル リクエスト」を公開


Dropboxが複数の人から写真・動画・ドキュメントファイルなどをリクエストして簡単に集められる新機能「ファイル リクエスト」を公開しました。Dropbox内にファイルをアップロードしてもらうページを作成するというもので、ファイルを持っている人にアップロードページのURLを送るだけで、1つあたり最大2GBまでのファイルを何人からでも受け取ることができるようになりました。

Easily collect photos, docs, and more with file requests | Dropbox Blog
https://blogs.dropbox.com/dropbox/2015/06/introducing-file-requests/

Dropboxにはファイルやフォルダの共有機能がありますが、例えば飲み会で撮影した写真や動画をみんなから集めるといった使い方はできず、「複数人からのデータを受け取る機能がほしい」という要望が多く集まっていたとのこと。これらのフィードバックをもとに開発された新機能が自分のDropboxにアップロードページを作成できる「ファイル リクエスト」です。

アップロードページのURLを受け取った人は、Dropboxユーザーでなくてもリクエストされたファイルをアップロードすることができるため、1人でも100人でもURLを送るだけで一気に目的のファイルを集めることができます。メールの添付ファイルでは大容量ファイルのやり取りができませんが、ファイル リクエストなら最大2GBまでのファイルをアップロード可能なので、動画ファイルなどの容量の大きなファイルにも対応。アップロードされたファイルは受け取った人しか閲覧できないようになっています。

Dropboxはこの機能によって、同僚や部下から報告書を集めたり、複数のクライアントから資料を1カ所に集めたり、家族や友人から写真や動画を集める、といった使い方を想定しています。ファイル リクエストの機能はすでに「Dropbox ベーシック(無料)」と「Dropbox プロ(月額1200円)」向けに公開済みで、数週間以内に「ビジネス向け Dropbox(月額1500円)」でも利用可能になるとのこと。

ファイル リクエスト機能を使うには、Dropboxにログイン後「ファイルのリクエスト」から「ファイル リクエストを作成」をクリックします。直接「https://www.dropbox.com/requests」にアクセスしてもOK。


初回のみメールアドレスの確認を求められるので、「メールの送信」をクリック。


登録しているメールアドレスにDropboxから確認メールが送信されたら「完了」をクリック。


メールが届いたら「メールアドレスを確認する」をクリック。


するとDropboxのファイル リクエスト作成ページが開くので、リクエストするファイルやフォルダのタイトルを「6月15日(月)の勉強会資料」など相手にわかるように付けて「次へ」をクリックします。Dropbox内の保存先は自動で指定されますが、手動で任意の場所を指定することも可能です。


アップロードページが作成されると、ページのリンクが表示されるので、これをコピーしてファイルを持っている人にメールなどで送ればOK。または、Dropboxにメールを送信させることもできます。


実際に送信されたURLをクリックすると、以下のようなアップロードページが表示されました。リクエストされたファイルは「ファイルを選択」でPCなどに保存しているデータをアップロード可能で、Dropboxユーザーならアカウントに保存しているデータをアップロードすることも可能です。

・関連記事
Dropboxはストレージサービスで世界企業とどのように立ち向かっているか - GIGAZINE

スマホの写真&ムービーをすべて自動でDropboxに同期させデータを簡単に共有できるアプリ「Carousel」を使ってみました - GIGAZINE

あなたの敵のDropboxを795ドルで消し去る方法 - GIGAZINE

「DropboxとOneDriveを連携させるだけで100GB追加」キャンペーン開始 - GIGAZINE

写真の保存に最適なオンラインフォトストレージ8選・2015年版 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log