×
ハードウェア

Google傘下の「Nest」がホームセキュリティ用ネットワークカメラ「Nest Cam」を発表


発表前に流れていた噂の通り、家庭用のスマート火災報知器などを製造している「Nest」がホームセキュリティ用のネットワークカメラ「Nest Cam」を発表しました。同時に、スマート火災報知器「Nest Protect」の新型も発表されています。

Say hello to Nest Cam. | Nest
https://nest.com/blog/2015/06/17/say-hello-to-nest-cam/

「Nest Cam」がどういう製品なのか、どういった用途を想定しているのかは以下のムービーでわかりやすく解説されています。

Meet Nest Cam - YouTube


お出かけ中に「そういえば……」と家のことが気になる時が時々あります。


そんなときに役立つのがこの「Nest Cam」。吸盤付きの足で、平らなところならどこにでも設置可能。


大きさは底面の直径が3.2インチ(約8.1cm)、高さが4.5インチ(11.43cm)、重さ203gとかなり小型。


しかし、小型とはいえ1080p/30fpsで映像が記録できます。また、Wi-Fi(802.11 b/g/n)とBluetoothに対応していて、タブレットやスマートフォンがあればプレビューできるという手軽さも備えています。


撮影画角は130°。ガレージに設置しておけば、何者かが侵入してきてもすぐにわかります。


家を不在にしている間に、犬が好き放題やっているというときには……


スマートフォンを通して、Nest Camのスピーカー機能で「こら、やめなさい」と注意することもできます。


また、ナイトビジョンや動体検知も備えているので、暗い部屋での利用も問題ありません。


このケースでは、寝室に設置したNest Camからのアラートがスマートフォンに届いています。


Nest Camの映像を確認してみると、赤ん坊が目を覚まして、ベビーベッドで立ち上がっていました。


ちょっと離れている間でも異変を見逃すことはない、というわけです。


Nest Camは7日分の映像をクラウド上に保存するようになっていて、シークバーを使って、簡単に過去の映像を見られるので……


自分が出かけている間、子どもたちが仲良くしていた様子をこうして確認することができます。


公式通販サイト・The Nest Storeでは、Nest Camを1台199ドル(約2万4600円)で販売しています。色は黒のみ。また「Nest Aware」というサービスを使えば、映像の保存期間を過去7日間から過去10日間・過去30日間に延ばすことも可能。このサービスの料金はそれぞれ10日間なら年額100ドル(約1万2300円)、30日間なら年額300ドル(約3万7000円)。カメラ1台ごとにクラウドストレージが必要ですが、2台目以降は割安になり、10日間で年額50ドル(約6170円)、30日間で年額150ドル(約1万8500円)でOK。出荷まで5日かかるとのこと。

Nest Cam
https://store.nest.com/product/camera/

また、Nest Camと同時に、スマート火災報知器「Nest Protect」の新バージョンも発表されています。

Meet the new Nest Protect. | Nest
https://nest.com/blog/2015/06/17/meet-the-new-nest-protect/

新バージョンではどういったことを通知してくれるのかわかりやすいムービーがコレ。

Meet the all-new Nest Protect - YouTube


子どもたちが騒ぐ中で朝食を用意していて、うっかりフライパンから目を離す時間が長くなってしまい、気付いたら背後で黒煙が……。


すると、設置してあったNest Protectが煙を感知し、警告メッセージを流します。


火事になる前に危険に気付くことができました。


警告メッセージの停止は、連携させているスマートフォンから行います。


新機能として火災の警報だけではなく、二酸化炭素濃度の上昇についても教えてくれるようになりました。部屋で遊ぼうとしていたのにNest Protectから「二酸化炭素濃度が上昇しています」と警告されて、「えっ」という表情の女の子。


警告はもちろんスマートフォンにも通知されます。


お母さんが家に帰ってくると、子どもたちは外で遊ぼうと出てきていました。


火災だけではなく、健康的な生活も守ってくれるようになったわけです。


新しい「Nest Protect」は白・黒の2色があり、1つ99ドル(約1万2200円)。バッテリータイプとワイヤードタイプの2つがあり、すでに火災報知器を取り付けている人はワイヤードタイプを、そうではない人はバッテリータイプを選択せよとのこと。記事を執筆した6月18日10時30分の時点では、白・バッテリータイプのみ購入可能で、出荷は26日後となっていました。

Nest Protect
https://store.nest.com/product/smoke-co-alarm/

・関連記事
Googleがスマート火災警報器「Nest Protect」の開発元を3300億円で買収 - GIGAZINE

火災を感知しスマホやタブレットと連携して火元や状況などを教えてくれる「Nest Protect」を使ってみました - GIGAZINE

スマホやタブレットと連携するスマートな火災警報器「Nest Protect」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt