取材

COMPUTEX TAIPEI 2015の自作PCブースを席巻した水冷クーラー「Bitspower」


現在開催中のアジア最大・世界第2位のIT見本市「COMPUTEX TAIPEI 2015」の自作PCパーツメーカーのブースでは、ほとんどのメーカーのデモPCがド派手な色の「Bitspower」の水冷クーラーを採用。COMPUTEX TAIPEI 2015がBitspowerカラーで彩られていました。

Bitspower – Future Design Unique
http://www.bitspower.com/

Bitspowerのブースに到着。


水に漂うのはBitspowerの龍のロゴ。


Bitspowerは水冷クーラー関連用のパーツを製造するメーカー。CPUの簡易水冷キットが大流行する昨今でも「本格水冷」というコアな自作PC上級者向けのパーツを提供しています。


Bitspowerブースには、自作PCメーカーからの協賛を受けたデモPCがわんさか展示されていました。これはCOOLERMASTER、AVEXIR協賛のデモPC「H2OC PROJECT BITS'BOX」


CPUクーラーのウォーターブロックもド派手なデザイン。


クーラント(冷却液はホースではなくパイプで連結されており、90度のフィッティングでケース内を縦横無尽にクーラントが駆け回りながら熱を移動させ、各所に設置されたラジエーターで排熱されるという仕組みです。


CPU以上の熱源であるグラフィックボード用のウォーターブロック。


メモリもやり過ぎなくらい冷却中。


クーラントを貯めておくリザーバーもイルミネーション仕様になっています。


これはMSI、COOLERMASTER、AMDなどの協賛PC「PROJECT X」。


サイドは「X」のオープンすぎるパーツむき出しのケース……というか台です。


ASUS協賛の「BITSPOWER PEGASUS TEST BENCH」


ベンチマーク用のまな板は、作業がしやすいように角度が付けられています。このPCに使われている水冷パーツの合計金額はおよそ6万円とのこと。


他にもド派手なマシンが大量展示。


1台1台、構成するパーツに合わせてカスタムメイドされた本格水冷パーツは、簡易水冷では決して得られない大きな「自己満足」を得られるクールなデザインとなっていました。

・関連記事
アジア最大・世界第2位のコンピュータ総合見本市「COMPUTEX TAIPEI 2015」現地取材記事まとめ - GIGAZINE

自作PCファンには垂涎の「COMPUTEX TAIPEI 2014」PCパーツ関連ブース一挙まとめ - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア,   ゲーム, Posted by logv_to