メモ

Appleが月額1200円の新しい音楽聴き放題サービスをWWDCで発表する見込み

By Kārlis Dambrāns

2014年5月にAppleがヘッドホンメーカー「Beats」を約3000億円で正式に買収してから長らく噂されてきた、Appleの音楽ストリーミングサービスが、6月8日からサンフランシスコで開催予定のAppleのWWDCにてついに発表されることがWall Street Journalの報道により明らかになりました。

Apple, Feeling Heat From Spotify, to Offer Streaming Music Service - WSJ
http://www.wsj.com/articles/apple-to-announce-new-music-services-1433183201

Apple’s streaming service will be announced next week, claims report | The Verge
http://www.theverge.com/2015/6/1/8700933/apple-streaming-music-service-wwdc-10-dollar-subscription


Appleが提供予定といわれている音楽ストリーミングサービスの詳細は以下の記事を読めば分かります。

AppleがBeatsベースの音楽ストリーミングサービスを準備中、Android向けにもアプリを提供予定? - GIGAZINE


Wall Street Journalが得た情報によると、Appleは、買収したヘッドホンメーカー「Beats」の提供していた音楽ストリーミングサービス「Beats Music」をベースに新しい音楽ストリーミングサービスの開発を進めており、その全貌が6月8日からスタートするWWDCで発表される見込みです。

この新サービスは、Beats Musicと同じく月10ドル(約1200円)で音楽を聴き放題になる模様。情報筋の話では、AppleはSpotifyのように広告を表示させる代わりに無料で音楽が聴き放題になるようなサービスの提供は避ける見込みです。さらに、既に報じられていたように、AppleはAndroid端末からも自社の音楽ストリーミングサービスが使用できるように、専用のAndroidアプリの開発を進めているそうです。

ただし、Appleは音楽ストリーミングサービスを開始するだけではなく、既存の広告表示型インターネットラジオ「iTunes Radio」のサービスをより魅力的なものに改善予定とのこと。具体的な方針としては、iTunes Radioの中にドレイクやファレル・ウィリアムス、デヴィッド・ゲッタといった有名アーティストが編成したチャンネルを追加することを計画中、と言われています。

By jimmyweee

なお、Appleは既にメジャーレーベルとの契約を済ましているそうですが、ソニー・ミュージック・エンタテインメント、ユニバーサル・ミュージック、ワーナー・ミュージックといった3大レーベルとの提携はまだ締結されていないそうで、サービスの発表がWWDC後にずれこむ可能性も示唆されています。

・関連記事
Appleの音楽聴き放題サービスは2015年6月リリース予定、月額は何円になるのか? - GIGAZINE

Appleの新しい定額制音楽サービスの発表が遅れる見込み、その理由とは? - GIGAZINE

AppleがBeatsベースの音楽ストリーミングサービスを準備中、Android向けにもアプリを提供予定? - GIGAZINE

Appleが人気ヘッドホンメーカー「Beats」を買収するとどうなるのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii