メモ

昔のダイヤルアップ接続の「ピーヒョロロロ~♪」という音は一体何をしていたのかを図解するとこうなる


ADSLが登場する2000年ごろよりも前のインターネット接続といえば、自宅のモデムから契約しているプロバイダが用意しているアクセスポイントにダイヤルして電話回線で接続する「ダイヤルアップ接続」が圧倒的に主流を占めていました。ダイヤルアップでの接続時にモデムから聞こえる「ピーーーゴーーーザーーーー」という音を覚えている人もいると思いますが、そんなダイヤルアップ接続音をグラフで可視化し、それぞれの音の役目を目に見える形で表した画像が公開されています。

absorptions: The sound of the dialup, pictured
http://www.windytan.com/2012/11/the-sound-of-dialup-pictured.html

ダイヤルアップ接続音を聞いたことがない人は下記ムービーから確認可能です。

The Sound of dial-up Internet - YouTube


分析を行ったwindytanさんは、ダイヤルアップ接続時の音を声紋の鑑定や音声処理などで使用されるグラフのスペクトログラムで可視化しました。下記のグラフでは縦軸が周波数の高さを、横軸が時間の流れを表しています。


ダイヤルアップ接続の開始時は、まずモデムがオフフック状態になり「ピー」という音を発信。これはグラフの0~1秒の「dial tone」に当たります。それとほぼ同時にモデムがアクセスポイントの電話番号を発信。グラフの「DTMF」の部分が電話番号を発信しているときの「ピポパポピポパ」になります。


グラフの5~12秒まではモデムがプロバイダとネットワークの統合を行います。赤色の枠で囲まれているのはがモデムの送信した信号を、青色の枠で囲まれているのが受信した信号です。自宅とプロバイダのモデムが会話しながら最適なプロトコルをどれにするか探している状態で、接続音の「ピーピーヒョロロロ」という部分に当たります。


接続を開始してから12秒後、双方のモデムは個々が使用可能な変調方式をリストアップし、その中からおたがいが認識できるものを選びます。変調方式を選ぶと同時にモデムは異なる周波数の音に対する回線の反応を調べるテストを行い、結果を相手のモデムに送信し、回線に適した接続速度を決定します。


モデムは接続速度を決定した後に暗号化したデータを送信し合い、他に適した変調方式が存在しないか確認。コレはダイヤルアップ接続時の最後に聞こえる「ガーー」という部分。この後モデムのスピーカーは静かになりますが、接続した後も音はずっと鳴り続けています。


なお、ダイヤルアップ接続音を3次元スペクトラムアナライザで表示したムービーがYouTubeに公開されていて、こちらも合わせて見るとより一層理解が深まるはずです。

Dial Up Modem Handshake Sound - Spectrogram - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アメリカには未だ350万人のダイヤルアップ接続ユーザーがいる - GIGAZINE

インターネット今昔、1996年と2011年を比較したインフォグラフィック - GIGAZINE

ダイヤルアップでGoogleBBSに接続する「Google BBS Terminal」 - GIGAZINE

インターネット文化における「1%ルール」とは? - GIGAZINE

初代からIE9に至るまでのインターネットエクスプローラーの歴史 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.