「iPhone 6 Plus」「iPad mini 3」のTouch IDを偽造指紋で突破、ついでに猫の肉球でも認証OK


Touch IDはiPhone 5sの発売時に、切断した指では突破不可能であることが判明していましたが、「iPad mini 3」と「iPhone 6 Plus」のTouch IDを偽造指紋で突破し、さらには猫の肉球で指紋認証して端末をアンロックするムービーが公開されています。

指紋認証を突破したムービーを公開しているkuronyankotanさんが使用しているのは、木工用ボンドを用いて作った指紋偽造シートです。


偽造指紋シートでiPad mini 3のTouch IDを突破しているムービーは下記から確認可能です。

iPad mini 3 TouchID Hack. - YouTube


ムービーで使用されるiPad mini 3は右手の親指の指紋が登録されています。


人さし指を認証させると「もう一度試してください」というメッセージが表示されて、認証失敗。


次に親指の指紋の偽造シートを用意。


偽造シートを人さし指につけて、再度認証に挑戦。


見事に端末がアンロックされました。


その後にもう一度人さし指でチャレンジしますが、偽造シートを使ってないのでアンロックには失敗。


iPad mini 3と同様の手順でiPhone 6 PlusのTouch IDを突破している様子は下記のムービーから確認可能です。

iPhone 6+ TouchID Hack - YouTube


こちらもiPad mini 3同様、親指の指紋を登録済。まずは、親指でアンロックできるかテストします。


指紋登録されている親指での解除に成功。


次は、登録されていない人さし指でチャレンジするも……


指紋が登録されていない人さし指では解除不能。


指紋認証に失敗した人さし指に、親指の指紋偽造シートを貼り付けて再チャレンジ。


見事にTouch IDを突破しました。


指紋偽造シートで突破されてしまうTouch IDを猫の肉球で認証させているムービーは下記から確認可能です。

iphone6 plus cat hack - YouTube


愛くるしい黒猫。


前足の肉球をTouch IDにペシッ!


何の問題もなく認証されて、端末が解除されました。


kuronyankotanさんによると、iPad mini3やiPhone 6 Plusに搭載されている指紋認証のTouch IDは絶対に安全とは断言できず、あくまでパスワード入力を省くための便利なツールの1つとして考えたほうがよさそうとのことです。

・関連記事
「iPad mini 3」バラバラ分解レポートでTouch ID以外の変更点が明らかに - GIGAZINE

iPhone 5sの指紋認証「TouchID」を突破する方法が判明 - GIGAZINE

「iPad Air 2」と「iPad mini 3」を歴代iPadと比べるとこんな感じ - GIGAZINE

切断された指ではiPhone 5sの指紋認証は突破できないことが明らかに - GIGAZINE

Touch ID搭載以外に変更点皆無な「iPad mini 3」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

134

in モバイル,  ハードウェア,  生き物,  動画, Posted by darkhorse_log