ハードウェア

スピーカーとアンプを内蔵してiPhoneの音を高品質にするケース「Amp」


スマートフォンのカメラ画質などは昔に比べてかなり改善されていますが、「音響についてはまだまだな点がある」ということで、装着するだけでiPhoneの音響レベルを向上させることができるようにしたケースが「Amp」です。アンプとスピーカーを内蔵してクリアな音を提供するだけでなく、iPhone本体のバッテリーを長持ちさせることもできるようになっています。

Amp - Your Phone Has Never Sounded Better
https://www.ampaudio.com/

「Amp」の詳細は以下のムービーから確認することができます。

Amp - Your Phone Has Never Sounded Better - YouTube


例えば車の中で電話している時に、周囲の騒音が激しくて相手の声が聞こえなくなることもあります。


「もう知らん」とばかりにiPhoneをスタンドにたたきつける男性。


しかし、Ampを装着しているiPhoneなら、顔に近づける必要さえありません。


スピーカーモードを使い、離れた場所からでもクリアな音声で会話が行えます。


カーナビとして使っている時でも聞き逃したり聞き間違ったりしてしまうことがないので便利。


遠隔で会議を行う時でも、専用のデバイスは必要なく、iPhoneを通して会話することができます。


テーブルにiPhoneを置き、スピーカーモードにするだけでOK。


ヘッドホンやイヤホンをつけた場合、Ampはユーザーのヒアリングパターンを測定し、それぞれの耳に合わせたクリアでバランスの取れた音を提供します。


またユーザーの音楽の好みを学習して、それぞれの音楽にマッチするようなサウンドを作り上げます。


さらに周囲の騒音も測定し、テスラのハイエンドモデルで使われているような特殊な技術を駆使して、音量を調整することなくユーザーに適切な音を届けます。


どんな状況でも優れた音質で音楽を聴くことができるわけです。


iPhone本体を充電すると自動的にAmpも充電されるので、ケースをわざわざiPhoneから取り外す必要はありません。


Ampを付けた時のiPhoneはこんな感じ。


色はブラック・ホワイトの2色から選べます。


エンジンにはCortex-M4プロセッサと24-bitのDAC、ヘッドホンアンプを使用。


ケースには14×20mmのドライバー2つを使用し、ハイクオリティなスピーカーに仕上げてあります。


スピーカーモードの音声であれば連続7時間、ヘッドホンをつけた状態だと20時間以上の連続再生ができます。またAmpをつけることでiPhone本体のバッテリーを25%拡張することが可能です。


なお、Ampは今のところiPhone 5、5s、6、6Plusに対応。現在は予約販売中であり、通常価格の半額である69ドル(約7400円)で購入でき、日本への発送が行われる場合は送料込みで84ドル(約9000円)になります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhone/iPodのサウンドをあらゆる意味でブーストさせる「IXOOST」 - GIGAZINE

自分の耳に完全フィットするワイヤレス・イヤホンを1万以上のデザインから選んで3Dプリントで出力する「OwnPhones」 - GIGAZINE

耳にピッタリフィットして圧迫感なく高音質を楽しめる理想のイヤホンはどこにあるのか? - GIGAZINE

専用アプリで自分の耳にフィットするイヤホンを注文できる「NORMAL」 - GIGAZINE

1890年から現代まで120年にわたるヘッドホンの進化・使われ方の歴史 - GIGAZINE

エレガントなデザインでファッションに溶けこむBluetoothヘッドホン「Vrb」 - GIGAZINE

「萌え」なヘッドフォンをイラスト付きで解説する同人誌「萌えるヘッドホン読本 2013年版」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.