お湯を注いで4分放置するだけで本格コーヒーが完成、30分以上も保温可能なコーヒーメーカー「Cafesolo」


フィルターなし、豆にお湯を注ぐだけで完成し、30分以上も保温でき、後片付けも楽ちんという、コーヒーを作る際の煩わしさを排除し楽ちんさを極めたのがコーヒーメーカー「Cafesolo」です。おいしいコーヒーを飲むのにわざわざドリップするのは面倒だけど、インスタントは味気ない、でもコーヒーメーカーは場所を取るし持ち運びも難しいし……と悩んでいたので、その実力を確かめるべく、実物を購入してみました。

EvaSolo.com
http://www.evasolo.com/

これがCafesoloのパッケージ。


中には本体・保温用カバー・マドラー・取扱説明書などが入っていました。


本体は耐熱性・耐薬性にすぐれたホウケイ酸ガラス製です。


これが取扱説明書。


デンマークの製品なのですが、日本語での説明もあるので、スムーズに準備することが可能です。


本体はガラス製ジャグ・フィルター付き注ぎ口・フタに分解できます。


カバーをつけるとこんな感じ。


完全にファスナーを閉めるとこう。0.6リットル用のサイズは高さ約18.5cm×底面直径約11.5cmの約412gで、本体上部にくびれがあるので持ちやすさは抜群です。


ということで、市販されているペーパーフィルター用のコーヒーの粉を用意します。コーヒー豆はお湯1リットルあたり45~60グラム使用するので、今回購入した0.6リットルサイズのCafesoloでは、36グラムのコーヒーを使います。


コーヒーの粉をジャグの中に入れて……


カバーを付けたら0.6リットルのお湯を注ぎます。


マドラーで10秒ほどぐるぐるかき混ぜ。


次に、フィルターを設置して……


しっかりとフタをします。


フタはジャグを傾けても外れないようにキッチリとセットするのがポイント。キッチリとセットすることで、フタをした状態のまま傾けるだけでコーヒーが注げるようになります。


この状態で4分間待ちます。


4分後、ジャグを傾けると、フタの隙間からコーヒーが出てきました。デザイン上、コーヒーを注いでも滴が垂れないのも優れている点。


ということで、面倒な作業は一切なし、いつもならドリップしなければならないところを別の作業をしたりゆったり待っているだけでコーヒーが完成しました。時間のない朝や、楽してできたてコーヒーが飲みたい人にとってはたまらない商品です。


傾けてみると、少し粉が沈殿していること、そして表面にコーヒーの脂が浮いていることが分かります。


コーヒーの仕上がりについては好みが分かれるものとなりました。というのも、始めは一般的なドリップコーヒーと同じような感じで飲めるのですが、最後の方になると粉っぽさが出てきて、最後の1口は「飲むのがつらい」というコメントをする人も。全体的にドリップコーヒーよりも粉っぽさと脂っぽさがあるので、「飲んだ時に口の中にべったりした感覚が広がる」ということで、アウトな人はアウト。

しかし、気にならない人は全く気にならないようで、「香りもよく、おいしい」という感想も多かったです。ドリップコーヒーよりは濃く感じるので、「アメリカンコーヒーをがぶ飲み」という感覚ではなく「1杯のコーヒーをゆっくり飲む」タイプの人向けと言えそうです。また牛乳との相性は非常によく、カフェオレにして飲むと一級品。


そして、苦手な人とおいしく飲めた人に共通する意見は「マクドナルドのコーヒーをよくした感じ」ということ。マクドナルドとスターバックスのブラックコーヒーが飲めない人はCafesoloのコーヒーをブラックで飲めませんでした。

コレが飲み終わった後のカップ。粉がカップ内部に少し残っています。


説明書によるとカバーを付けた状態だと30分間はコーヒーを飲むのに最適な温かさに保たれるとのこと。しかし、1時間たってからCafesoloを触ってみても、カバーの上からでもしっかりと温かさを感じました。


中はこんな感じ。熱湯がガラスポット&コーヒー豆と接触すると、すぐにコーヒーを作るのに最適な温度であるおよそ94度まで下がります。豆の香味はお湯が最も熱い最初の数分間に染み出すのですが、その後ポットの中に入っていても香味は染み出さず、故にコーヒーが濃くなることもないそうです。


カップにおかわりを注いで1時間経過した時点のコーヒーを飲んでみると、アツアツではないものの、香りや味を楽しむには十分な温かさでした。


ジャグの底にたまったコーヒー豆はゴミ箱に捨て、残りのジャグやフィルターについた沈殿物は洗い流すだけでOK。食洗機に入れてもいいので、面倒な作業はほとんどありません。持ち運びも可能なので、キャンプや出先に持っていけるのもナイスな点と言えます。


Cafesoloは公式サイトで69ユーロ(約9500円)で販売されていますが、現在のところ日本への出荷は行われていません。


なお、楽天では0.6リットル用が税込1万1880円、1リットル用が1万4040円で販売されています。

【楽天市場】NUTS HOME > テーブルウエア > コーヒー・ティー > コーヒー > 【カフェソロ】コーヒーメーカー:NUTS(時計&デザイン雑貨)
http://item.rakuten.co.jp/nuts/c/0000000366/


・関連記事
ポタポタ落ちる水で作る「水出しコーヒー」を専用のサーバーで淹れてみた - GIGAZINE

いつでもどこでも新鮮なコーヒーが淹れられるモバイルコーヒーメーカー「Hey Joe Coffee Mug」 - GIGAZINE

国産のコーヒー豆を栽培する「ヒロ・コーヒー・ファーム」に行ってきました - GIGAZINE

「負圧」でお茶やコーヒーを素早くおいしく淹れられる「BKON Craft Brewer」 - GIGAZINE

最高級で知られる「象の糞コーヒー」の工場を見学してきた - GIGAZINE

2つのコーヒーをいいとこ取りしてこだわりの1杯が作れる「Coffee Steeper」 - GIGAZINE

コーヒー1杯の98%は水、残りの2%に入っている「とてもいいもの」とは? - GIGAZINE

73

in レビュー,   デザイン,   , Posted by logq_fa