家電製品を音声で操作したり一元管理したりできるコントローラー「Homey」


テレビやエアコン、照明や電子レンジなど、家の中にあふれる家電製品をバラバラのリモコンを使うことなくまとめて管理し、話しかけるだけでどの家電でも操作できるようになるコントローラー「Homey(ホーミー)」がクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集しています。

Homey, The Living Room ― Talk to your home!
http://www.athom.nl/

Homey, The Living Room ― Talk to your home! by Athom — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/athom/homey-the-living-room-talk-to-your-home

Homeyがどのような製品なのかは、以下のムービーを見ると分かるようになっています。


オランダ出身のエミール・ネーソンさんとステファン・ウィットカンプさんは共同でAthom社を設立し、Homeyの開発を行いました。


Homeyは家に置かれている家電製品の操作を一元的に行えるようにする機器です。


映像関係・オーディオ関係・照明など、あまりにも多くのリモコンがあるとごちゃごちゃとしがち。


Homeyはこの山盛りのリモコンでできる操作を1台で肩代わりしてくれます。たとえば、持ち主が部屋に入ってきたことをセンサーが感知して照明をつけたり……


声で操作することも可能です。「Homey、スタートレックの映画が見たい」と話しかけると……


Homeyが声で「字幕を表示しますか?」と問いかけて、回答に応じて機器を操作します。


そして、設定に従って部屋の照明を暗くしてブラインドを閉め、テレビ・オーディオ機器を自動で操作し……


映画を最適な環境で再生してくれます。


また、スマートフォンのアプリを利用して外出先からの操作を行うことも可能。生のピザを買って帰り、家で焼くことにしたステファンさんは、ダッシュボードに置かれたスマートフォンに向かって「オーブンを予熱」と話しかけます。


すると、Homeyがオーブンの予熱を開始しました。


ステファンさんの帰宅に備え、エアコンの準備も抜かりありません。


Homeyができる操作として、以下のような一例が挙げられています。

帰宅時:照明をON、エアコンで快適な空調を整えておき、お気に入りの音楽を再生しておく

起床時:カーテンやブラインドを開ける。目覚めの曲を再生しながら、今日の天気予報やメールを読み上げる。自動でコーヒーマシンを操作して朝の一杯を用意。

家を出る時:雨が降りそうなことを知らせて傘を持つようにアドバイス。誰も家にいなくなったら消費電力を減らすために照明やエアコンをOFF。玄関のドアの鍵を閉める。

Homeyは家中のさまざまな機器をリモコン操作するために8種類のワイヤレス発信器を搭載しています。赤外線通信、Z-Wave、Wi-Fi、NFC、Bluetooth 4.0、電子タグ(RFID)との通信を担当する433.92MHz帯の送受信ユニット、センサーネットワークのZigBee、2.4GHz帯の微弱無線送受信モジュール「nRF24L01」を搭載。


用途や種類に応じて、さまざまな機器との通信や操作を可能にしています。


声での操作が可能なHomeyは英語、オランダ語、スペイン語、フランス語の4か国語に対応しており、将来は他の言語への対応も可能。


専用のAndroid・iOS版スマートフォンアプリも提供される予定となっています。


Homeyを開発するきっかけになったのは、エミールさんが自分で作りだしたいろんな機器を操作できる装置でした。


その装置を目にした数多くの友人から製品化のすすめを受け、本格的な開発をスタートすることにしたそうです。


そんな「Homey」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集開始したところ、目標金額の10万ユーロ(約1400万円)を1日あまりでクリアして記事作成時点では約14万2500ユーロ(約2000万円)の出資が集まっています。

229ユーロ(約3万2000円)の出資でHomeyを1台ゲット可能となっています。オランダ国外への発送には送料として20ユーロ(約2800円)が別途必要。


また、239ユーロ(約3万3200円)の「ギーク・エディション」では、Homeyを1台にプラスしてnrf24l01+の送受信機を2つと、Arduinoを使って自分用のアプリを開発できるSDKをゲットすることも可能になります。


また、999ユーロ(約14万円)のプランに出資すると、最も早い初期生産分のHomeyを一足早くゲットできることに加えて、オランダで開発者の2人にディナーをごちそうになるという特典をゲットすることも可能です。ただし、現地までの交通費は自己負担だとのこと。出資の締め切りは日本時間で6月27日(金)17時19分となっており、出荷時期は2015年4月から6月を予定しています。

Homey, The Living Room ― Talk to your home! by Athom — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/athom/homey-the-living-room-talk-to-your-home


・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

Siriに話しかけて部屋のライトを付けたり消したりすることができるようになる「SiriProxy-iRemocon」 - GIGAZINE

サービス同士を連携させて自動でアクションを起こせる「IFTTT」にAndroid版が登場したので試してみました - GIGAZINE

あらゆるサービスとサービスを連携させまくることが可能な「IFTTT」のiPadバージョンがリリースされたので使ってみた - GIGAZINE

スマホでの遠隔操作・色変化が可能な電球「Philips hue」を使い倒してみた - GIGAZINE

Wi-Fiからスマホ&リモコンでカラーを変えまくれるLED電球「LimitlessLED」 使用レビュー - GIGAZINE

自宅の家電を外出先からiPhoneやiPad経由でリモートコントロール可能にする「iRemocon」 - GIGAZINE

iPhoneやAndroidで遠くからでも電源をオン/オフできる「Elphi」 - GIGAZINE

33

in ハードウェア,  動画, Posted by logx_tm