メモ

なぜ地図は「北」を上にして描かれるのか?

By Jasperdo

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、ちょっとした外出時から旅行時に至るまで、地図の活躍の場が増えたように思われます。そんな地図では大抵の場合、上方向が「」を指しているもの。これに疑問を持ったAl Jazeera Americaが、古い地図をたどることでこの謎の答えを導き出しています。

How the north ended up on top of the map | Al Jazeera America
http://america.aljazeera.com/opinions/2014/2/maps-cartographycolonialismnortheurocentricglobe.html


「なぜ地図の上方向が常に『北』を示すのか?」という問いに対する回答は、Al Jazeera Americaの調べによると一般的には「ヨーロッパ人が地図を作り、彼らは上にいたかったから」というもの。しかし、世界中の地域や、さまざまな時代の古い地図を調査すると、地図の上が「北」を向いていることにはそれ以外の理由があることが分かるそうです。

現在では地図を作成する際に、地図の上を「北」にすることが決めごとのようになっています。これは、1979年1月26日にオーストラリア人のスチュアート・マッカーサー氏により発表された「マッカーサーの世界地図(McArthur's Universal Corrective Map of the World)」が、上下逆さまの地図と呼ばれていることからも明らか。

By TAKA@P.P.R.S

現代の地図を使う人たちからすると、地図の上方向が「北」でないものというのは、とても珍しいものです。しかし、地図の上が「北」であることに地理学的な必然性はまったくなく、むしろ地図を作る方法や人間の方にこの理由がある、とのこと。

By Smithsonian American Art Museum

古代エジプトの地図は「南」が上になっていました。これはナイル川が重力に従って北に流れていく様子を表すためだと思われます。また、中世にはほとんどのヨーロッパの地図が「東」を地図の上に持ってきていました。同時期、アラビア人の地図作製者は「南」を地図の上に持ってきていたそうです。これらの理由は、それぞれがそれぞれの信仰の対象(エルサレム)と自分たちの国を地図の見やすい位置に配置したためとのこと。

しかし、調査する時代と共にこれらは変化していきます。14世紀と15世紀には地中海やその周辺に点在する多くの港町を示すための正確な地図が現れます。この地図は、コンパスと一緒に使うことで水夫が通商路を航海できるようにと作られたものであったため、地図には上や下という概念がなかったそうです。しかし、これらの地図には、方角が分かるように羅針盤と「北」が描かれていました。

By Dennis Wilkinson

また、イタリアの地図製作法を学ぶ学校では、地図の方位記号の「北」を帽子や矢印で表すことが流行った時期もあるそうです。似たようなことはスペインのマジョルカでも行われており、ここでは地図の「北」を北極星で表していました。このマジョルカ出身の地図製作者は、「地図上では紅海を赤く塗る」や「アルプスを大きな鶏の足のように描く」といった多くの慣習を作ったとのこと。

By Jasperd

地図とは切っても切れない関係にあるコンパスですが、最初に使われたのは中国だと言われていて、何かを教えるときに使う「指南」という言葉は常に一定の方角を指し示す「指南車」という車から来ています。その後ヨーロッパ人がコンパスを使用するようになった際、ヨーロッパの水夫たちは既に常に北の空に輝く「北極星」を使って航海する術を会得していました。なので、はじめコンパスは曇りで星が見えない夜に、北極星の代わりに「北」を確認するために使われたようです。

By Brenda Clarke

最初は北極星の代替品として使われていたコンパスですが、時代の流れとともに需要が増していき、15世紀には航海に必要不可欠なものとなります。そして次第にヨーロッパやアラブの一部の地図以外は、コンパスの針が示す「北」を地図の上に持ってくるようになっていきました。

By Dan Iggers

Al Jazeera Americaによると、「地図は北を上にする」ということが既成事実になっていったのは16世紀ぐらいのこと。これには2世紀頃に活躍したギリシャ人地図製作者で、地図製作に経度と緯度を加えるというアプローチを考案した人物であるプトレマイオスが深く関わっています。

16世紀に活躍した、ゲラルドゥス・メルカトルやHenricus Martellus Germanus、マルティーン・ヴァルトゼーミュラーなどの地理学者たちは、こぞってプトレマイオスの作成した地理学書を印刷機で複製して出版したそうです。そしてこの地理学書に付いているプトレマイオスの作成した地図には彼の肖像を隅っこに印刷し、空いたスペースにはプトレマイオスの時代には判明していなかった場所や事実を追記したとのこと。

この地理学書と地図は多くの地理学者や地図製作者に広まったわけですが、プトレマイオスが描いた地図の上は「北」を指していたので、コレが現在まで続く慣習となったのでは、とAl Jazeera Americaは推測しています。しかし、プトレマイオスが地図の上が「北」を指すように地図を作成した理由は判明しておらず、アレキサンドリアで座っているときに「自分は天体の北側に座っていることをふと理解したから」なのかもしれないし、プトレマイオスがいたアレキサンドリアを地図の底に配置したかったからなのかもしれない、とのことです。

By Martyn Wright

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleマップでナショナルジオグラフィック所蔵の古地図などを見ることが可能に - GIGAZINE

カーナビの地図が古くて困ったことがある人は7割、地図の更新経験がある人は3割 - GIGAZINE

レーガン大統領の頭にあった世界地図を予想した地図 - GIGAZINE

地図をコラージュして描かれた繊細なポートレートや風景画 - GIGAZINE

ホラー映画の舞台が一発で分かる地図「The Geography of Horror」 - GIGAZINE

大阪梅田地下迷宮などを攻略する助けになる地図「大阪らくらく乗換マップ」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.