映画

ついに映画「GODZILLA(ゴジラ)」予告編が登場、公開は2014年5月を予定


もう怪獣映画としてのゴジラは作られないのだと思いきや、まさかのハリウッド版「ゴジラ」(1998年公開のローランド・エメリッヒ監督のもの以来2作目)が本当に制作が順調に進んでしまい、ついに予告編が公開されました。以前のハリウッド版ゴジラと違って、かなり日本の「ゴジラ」に近い感じの造形に仕上がっています。

Godzilla - Official Teaser Trailer [HD] - YouTube


軍の作戦が伝えられます


その内容はこれまでにないイレギュラーなもの


通常の高度以上のさらに超高度からのダイブによる潜入


つまりここまでしなければならないほど事態は差し迫っており、地上からや並の高度では近づけない状態


どんどん降下していきます


暗雲の中へ突入


さらに漆黒の黒煙のまっただ中へ


一体この下で何が待ち受けているのか?


眼下に広がるのは燃えさかる街


大炎上中


何が起きてしまったのか?この破壊の惨状は何なのか?


降下していく視界の隅に捕らえられたこの巨大生物は……


何かの施設の中を走っていく人物


線路沿いに軍隊が進行


何かを発見


巨大な金庫のような扉を開けてその中へ


見てはいけないものを見てしまったかのような雰囲気


地上への出口か?


空港ビル内から粉々に砕け散り、炎を上げて爆発していく飛行機を見つめるしかない人々


ミサイル


地下での目撃


次々と襲い来る悲惨な状況


絶体絶命の危機と別れ


巨大な何かに踏みつぶされて圧壊した電車の車両と大量の死体


何かの攻撃を受けて土手っ腹に風穴が空いたかのようになっている巨大ビル群


見上げて驚愕するその視線の先には……


もうもうと舞い上がる煙


特徴ある形状の巨大な背びれ


そしてついにあの咆哮が……!


「ゴジラ」


どれぐらいの巨大さかというと、これぐらいの大きさ


まさに決死隊です


監督はゴジラシリーズの大ファンだというギャレス・エドワーズ、主演俳優は「キック・アス」のアーロン・ジョンソン渡辺謙エリザベス・オルセンジュリエット・ビノシュサリー・ホーキンスデヴィッド・ストラザーンブライアン・クランストンといった感じでアカデミー賞にノミネートされたこともある俳優などが多く、かなり本気で作っていることがうかがえます。

なお、全米での公開予定は2014年5月16日、日本での公開は2014年7月25日、初代「ゴジラ」主演の宝田明も出演することが決まっています。

・2014/02/26 10:29
正式予告編が公開されました。

ゴジラの顔がついに新ハリウッド版映画「GODZILLA」正式予告編で明らかに

・関連記事
エヴァの庵野秀明氏が「ゴジラ」新シリーズの総監督・脚本を担当することに - GIGAZINE

「パシフィック・リム 東宝ゴジラ的予告編」がとんでもないクオリティであまりにもそれっぽい完成度 - GIGAZINE

衝撃的な約90秒のアニメ映画「バンビ、ゴジラに会う(Bambi Meets Godzilla)」 - GIGAZINE

ウルトラマンの変身シーンを生み出した男、「ゴジラ対ビオランテ」の川北紘一インタビュー - GIGAZINE

樋口真嗣監督が特撮業界に入ったキッカケ・特撮に携わる者としての思いについてインタビュー - GIGAZINE

キングギドラが黄金の首をうねうね動かしバッサバッサと羽ばたくムービー - GIGAZINE

レジェンダリー・ピクチャーズがハリウッド版の「ゴジラ」を再び製作へ、公開は2012年を予定 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse