メモ

Googleストリートビューでぼかし処理されたものは一体何だったのかが判明


Googleマップのストリートビューで見られる画像はGoogleストリートビューカーで撮影されており、今ではアマゾンのジャングルエベレスト阿波踊りの様子までも見られるようになりましたが、まれにおかしなものが写り込んでしまうこともあります。オーストラリアのアデレード南東部を走っている道路で、ストリートビューに写り込んだ何かがGoogleによってぼかし処理されていました。

問題のシーンが撮影されたのは、デュークスハイウェーの路肩。

大きな地図で見る

サテライトモードで見るたところ、問題のシーンが写り込んだ場所は道路以外何も近くにありません。

大きな地図で見る

Googleストリートビューで見ると、左前方に1台の自動車が止まっているのがわかります。


近づいてみると、停車している自動車の前にはぼかし処理されている空間があり、かなり不自然。


自動車の横から見てみると、白い何かが自動車の前にあることがわかります。


実は、ぼかし処理される前はこんな感じで、手を振りながら前かがみの姿勢の女性と男性が写り込んでいます。


ズームで見ると、明らかにカップルが性行為に及んでいるように見えます。恥ずかしい行為を撮影されているにも関わらず、Googleストリートビューカーに手を振る女性は楽しそうな雰囲気。


女性が楽しそうに手を振っていたりするだけでなく、男性の腰の位置が不自然なため、どうやらGoogleストリートビューカーを見つけたカップルが先回りして、あたかも屋外でしているかのようなシーンを演出したらしいのですが、実際には事に及んでいなくても「不適切」としてGoogleにぼかし処理されてしまったようです。

・関連記事
Googleストリートビューがすさまじい一瞬を捉えてしまった写真いろいろ - GIGAZINE

屋久島の縄文杉までGoogleストリートビューで見られるように - GIGAZINE

Googleストリートビュー上を移動するムービーを制作してくれる「Hyperlapse」 - GIGAZINE

Googleストリートビューで見られる範囲が大幅拡大、阿波踊りも見られるように - GIGAZINE

グランドキャニオンをGoogleマップのストリートビューで探索可能に - GIGAZINE

Googleストリートビューでエベレストやキリマンジャロ山頂が見られるように - GIGAZINE

Googleストリートビュー撮影で走り回っている自動車・自転車・手押し車の実物を目の前で見に日本科学未来館へ行ってきました - GIGAZINE

Googleストリートビューカーが通信データを無断収集した件で罰金1900万円 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ,   Posted by darkhorse_log