ネットサービス

アマゾンをGoogleマップストリートビューで探検可能になりました


Googleマップの機能の中でこれまでも「ラブホテルから出てくるカップルを激写」「燃えている最中の家を撮影」「写してはいけないものを熱心に撮影」「家の中が丸見え」「ストリートビューすらまだ来ないぐらいにド田舎」などなどさまざまな問題をまき散らしまくってきたストリートビューですが、それでも便利であることに変わりは無く、ついにアマゾン川流域まで見ることができるようになりました。

Google Japan Blog: ストリートビューでアマゾン川流域を探検しよう
http://googlejapan.blogspot.jp/2012/03/blog-post_22.html

大きな地図で見る

今回の撮影は現地の環境保護団体「アマゾン保護基金 (FAS)」の招きに応じて実現したもので、「アマゾン川流域の豊かで多様性に富むこの地域に、インターネットで世界中からアクセスできるようにしたい」ということで、アマゾン川に注ぐリオ ネグロ(ネグロ川)周辺の「リオ ネグロ保護地区」を対象に広大な川や熱帯雨林、周辺の集落の撮影が2011年8月から開始され、ついに実現したというわけです。

大きな地図で見る

ネグロ川の本流

大きな地図で見る

森が生い茂る支流

大きな地図で見る

保護区内最大の集落であるトゥンビラの小道

大きな地図で見る

アマゾンの密林探検

大きな地図で見る

ブラジルナッツの採集地

大きな地図で見る

密林の動物

大きな地図で見る

これらの撮影には船の上にトライク(三輪車)を設置して航行したほか、おみせフォトの撮影に使用する魚眼レンズを装着したカメラも使用し、パノラマ画像は50000枚以上の静止画をつなぎあわせて作られたそうです。以下がその様子をまとめたムービー。

Tour the Amazon Basin with Street View - YouTube


ストリートビューの解説はじまりはじまり


アマゾン川を猛進する一隻の船


その上にはストリートビューのカメラ


担当の女性


かなり激しい勢い


よく見るとカメラが乗っているのではなく、ストリートビュー撮影用の三輪車が乗っています


カメラは伸びます


ギコギコ


ギコギコギコ


さらにアマゾンの奥地にも探検隊よろしく撮影のために果敢に潜入


行けない場所もこんな感じで三脚を立てて撮影


果たして次のストリートビューの目的地は一体どこになるのか……

・関連記事
Amazonの巨大倉庫の中の写真集 - GIGAZINE

Amazonの倉庫で働くときの知られざるルール10か条 - GIGAZINE

すぐ品切れするAmazonロゴ入りオリジナルマグカップと湯呑を買ってみました - GIGAZINE

実用的デザインのAmazonオリジナルカレンダー2012年版全種類レビュー - GIGAZINE

日本のAmazonで2011年に一番売れたモノ各カテゴリー別全まとめリスト - GIGAZINE

Google創業者おすすめのGoogleストリートビューを駆使した心温まるアニメ「Address Is Approximate」 - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画, Posted by darkhorse