「昔みたいにまた使ってよ」と呼びかけてくるノスタルジックなIEのムービー


「私たちのことを覚えていないかもしれないけれど、90年代に会ったことがあるんだ」と、長らく会っていなかった友人が語りかけてくるようにInternet Explorerが90年代のことを思い出させてくるムービーが公開されています。このムービー、これまでのIEが時代遅れだったことを暗に認めているわけですが、れっきとしたMicrosoftの公式ムービーです。

Child of the 90s | Internet Explorer - YouTube


「あなたは私たちのことを覚えていないかもしれない」


「でも、私たちは1990年代に出会っているんです」というメッセージからムービーは始まります。語りかけてくるのはどうやらIEの声のようです。


「私たちはジェネレーションYの一員ですよね」と、まず登場したのはスラップ・ブレスレット。腕にクルクルと巻き付くアイテム。


陰陽のモチーフが流行しました。


ヨーヨーはこれまでに何度かブームがあり、1997年から98年ごろにちょうど大きなブームがありました。


インターネットが56kbpsで、人生が今よりもゆっくりだったように思える時代。


フロッピーディスクの束


リサ・フランクのグラフィックが流行していました。


腰にはウエストポーチ。


90年代とはいえ、後半になるとこんなコンピュータではなかった気がしますが……。


ポケットにはペットが。


たまごっちの大流行。


さらにトロール人形などなど、90年代の文化を彩ったアイテムがどんどん続けて出てきます。


ニュースフィードを読むのに忙しいなんてことはなくて……


遊びで忙しかった日々。


散髪も、バリカンとハサミを使ってわずか4分で完成。


サイフをなくさないよう、長いチェーンをつけていました。


メンコっぽい遊び。


「未来は輝いていました」と言いながら光っているのはスポーツシューズのかかと。


「あなたは成長した。そして、私たちも。」


だから、新しくなったIEをまた使ってみてください、というムービーでした。


これは、Microsoftが自虐的ともいえるキャンペーンとして行っている「The Browser You Loved To Hate」で作成したもの。IEマーケティング部門のRoger Capriottiさんは「IEは90年代に生まれましたが、我々がしっかりと成長させてきました」と自信を見せ、「最初に触ったブラウザといえばIEという人も、今は使わなくなっているというケースが多いはず。ぜひ、もう一度使ってみて欲しい」とその目的を語っています。

Internet Explorer, Our Favorite 90s Comeback

・関連記事
初代からIE9に至るまでのインターネットエクスプローラーの歴史 - GIGAZINE

IE6~10にマウスカーソルの位置を追跡される脆弱性、パスワードなど盗まれる恐れ - GIGAZINE

激動の時代を駆け抜けた「Internet Explorer 6」の葬儀が開催へ - GIGAZINE

69

in ソフトウェア,  動画, Posted by logc_nt