AdobeがCreative Suite 2など12タイトルの無料ダウンロードを可能に


「Adobe CS2が無料化!?」ということで、AdobeがCreative Suite 2やAcrobat Pro 8などダウンロードリンクとアクティベーション用シリアルナンバーを記載したページを公開しました。このページは、Adobe公式フォーラムにて、顧客の一助とするために公開したページであることをスタッフが認めています。

追記:Adobeが公式に「旧バージョン製品(CS2やAcrobat 7)の正規ライセンスを所有している人向けに提供しているものであり、不特定多数に向けて無償提供しているものではない」とコメントを発表しました

騒ぎは1月6日にAdobeのサイト内に、CS2などのソフトがダウンロード可能なリンクと、そのアクティベーションに使用するシリアルナンバーが記載されたページが登場したことに始まります。

Adobe - CS2ダウンロード
http://www.adobe.com/jp/downloads/cs2_downloads/index.html



公開当時のページ内容と、どのようにダウンロード可能だったのかは以下のブログが詳細にレポートしています。

PhotoshopやIllustratorも!?公式でAdobe CS2のシリアルキーを無料公開! - 裏技shop DD
http://shopdd.jp/blog-entry-1129.html



公開されていたのは

Creative Suite 2
Acrobat 3D 1.0 for Windows
Acrobat Standard 7.0
Acrobat Pro 8.0
Audition 3.0
GoLive CS2
Illustrator CS2
InCopy CS2
InDesign CS2
Photoshop CS2
Photoshop Elements 4.0/5.0
Adobe Premiere Pro 2.0

の12タイトルで、Windows版、Mac OS X版の両方が用意されていました。

これに気づいたユーザーたちがAdobe公式フォーラムなどで「自分のマシンは古いけれど使えるだろうか?」などと騒ぎ始めました。以下のフォーラムは「CS2が無料になったと聞いたから、新しいラップトップにCS2とFrameMaker8を入れたいんだけれど、動くかな?」という質問スレッド。

Adobe Community: Recommendations for laptop specs to run CS2 and FrameMaker 8
http://forums.adobe.com/message/4974662



ソフトのダウンロード時にはAdobe IDが必要でしたが、Adobe IDはいつでも作成することができるため、実質的に上記の12タイトルが無料公開されたのも同然。当初は無料公開は何かの間違いではないかという見方もありましたが、フォーラムにAdobeスタッフが登場し、これがミスではなく、顧客向けのサービスであることを認めました。

Adobe Community: Looking to activate Creative Suite 2, Acrobat 7, or Macromedia products?
http://forums.adobe.com/message/4972830#4972830



スタッフのJeff A Wrightさんによると、CS2などの旧作をアクティベーションするために使っていたサーバーを2012年12月13日に技術的な問題から落とすことになったそうです。すでにCS2は発売から7年が経過したソフトで、最新OSでは動かないケースも多々あるものの、未だに利用しているユーザーがいてアクティベーションを可能にしておく必要があるため、ユーザーに対してアクティベーション可能なシリアル番号を直接発行することにしたとのこと。

見ようによっては「CS2の無料がスタート」とも取れることについて、Wrightさんは「そういう解釈をされるかもしれないが、我々はユーザーを助けるために行っています」と記しています。現在、ダウンロードページは公開停止となっていますが、じきに再開する予定で、最新状況は以下のブログ記事にて報告されるそうです。

2013/01/08 10:38
ダウンロードページが公開されました。

Update on CS2 and Acrobat 7 Activation Servers (Adobe Featured Blogs)
http://blogs.adobe.com/conversations/2013/01/update-on-cs2-and-acrobat-7-activation-servers.html



なお、このダウンロード版が公開されたことにより、以前からあるCS2などの新規アクティベーションが不可能になっていることがフォーラムで報告されています。通販サイトではCS2などダウンロード可能になったタイトルを扱っているケースがありますが、付属のシリアルナンバーでアクティベーションできない恐れが高いため、注意が必要です。

Adobe公式サイトで、旧バージョン製品でアクティベーションサーバーが使用できない件のヘルプが公開されました。解決方法は「ダウンロード版を使用する」となっています。

CS2 または旧バージョン製品、Acrobat 7 で「アクティベーションサーバーは使用できません」のメッセージについて
http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq12200137.html

2013/01/08 15:06
このダウンロードリンクについて、上述の通りに旧バージョンの製品向けのアクティベーションサーバーが停止したことからその代替手段としてユーザーに提供しているものであり、ソフトを無償提供しているわけではないというコメントがAdobeから発表されました。

Adobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ | アドビ
http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/20130108_cs2_downloads.html

・関連記事
Photoshopを使いこなすための印象的なチュートリアルいろいろ - GIGAZINE

「Photoshop」が5000円/月から、Adobeが新たな課金方法を開始 - GIGAZINE

誰もソフトを更新してくれないためアドビやSkypeが更新キャンペーンを開始 - GIGAZINE

これまでのFlashを巡る苦難の歴史「Adobe」vs「Apple」 - GIGAZINE

ハッカーがAdobeから顧客情報やパスワードなど15万件を盗んだことを公開 - GIGAZINE

365

in ソフトウェア,  メモ, Posted by logc_nt